【Googleアドセンス】審査に合格するまでの対策や改善点

こんにちは、あやけろ(@ayakerocom)です。

 

今回は、Googleアドセンスの審査に合格するまでに行った対策や改善点をまとめました。

Googleアドセンスに落ち続けること9回、なんども心をバキバキに折られてきましたが、なんとか10回目の申請で合格することができました。

この記事は主に、

  • 何度もアドセンスに落ちている方
  • WordPressでブログを作っている方
  • 特化ブログではなく、雑記ブログを作っている方

に向けた内容となっています。

目次

最初に

アドセンスが不合格だった場合、おそらく多くの方がググって不合格の原因や対策を調べることと思います。

私もそうでした。

しかしこう何度も不合格だと、調べて出てくる内容も同じになってきて「もうそれさっき見たよ・・・」みたいな状況になってきたりします。

同じ理由で何度も不合格を食らうと、同じような対策方法しか出てこなくなり、もうどうしていいかわからなくなります。

なので、私はTwitterで情報収集しました。

結果的にこれが一番の近道でした。

アドセンスに合格するには「情報の鮮度」が大切でした。

合格基準は年々変化しています。

なので、できればTwitterで情報収集することをオススメします。

「アドセンス 合格」で検索するとGoogleアドセンスについてのツイートが出てきます。

その中でも、できるだけ新しいツイートを参考に読んでみましょう。

私はTwitterで「合格したばかりの方が書いたツイートやブログ」を探して、それを参考に何度も改善してきました。

なぜTwitterなのかというと、そもそもブログの記事というものは、公開されてすぐに検索結果に反映されるわけではありません。

おそらく検索して調べても、出てくる記事は数か月~数年前のものが多いと思います。

なのでTwitterで「合格したばかりの方が書いたできたてほやほやの記事」などを検索して、より新しい情報を手に入れましょう。

よってこの記事も、参考程度に読んで頂けたらと思います。

なお、私は3か月前に「ブログ?なにそれ?」状態からスタートした、まだまだ駆け出しの初心者ブロガーです。

初心者がアドセンスについて語るのもどうかと思ったのですが、私の経験が何かお役に立てるかもしれないと思い、記録として残した次第です。

「ポリシー違反」の対策

ポリシー違反と言われた時は「え?なんか私、悪い記事書いてるの?」と思って落ち込んでいました。

しかし、もう一度スタートに振り返って、再度確認したことをご紹介します。

確認すべきこと

アドセンスに合格するには、Googleのポリシーに準ずる必要がありますので、

まずは

上記の内容を熟読しました。

それとGoogleは常に進化していますので、今現在のGoogleの動向を知っておくのもいいと思います。

例えば「SEOラボ」で、SEOを勉強しつつ、Googleが何を目指しているのか・そのためにどういう改善をしているのか、を知るのもオススメです。

不合格の経緯と対策

さて、ここからは私がポリシー違反と言われた経緯を書きます。

ポリシー違反と言われたのは9回目の申請の時ですが、理由は過去記事でした。(多分)

ブログを開設した当初、設定したばかりのWordPressでどうでもいい日記のような記事を毎日書いて公開してしまっていました。

「なるほど、こうやって使うのか」と実践しながら使い方を学んでいまして、その日記の中にNGワードが含まれていたのが原因でした。(多分)

NGワードは「アドセンス NGワード」等で調べるとOKです。

あと (多分) と書いているのには理由があり、アドセンスの審査に落ちた時は、どこがダメなのかという明確な原因がわかりません。

「価値のない広告枠」とか「ポリシー違反」とかだいたいのことしか言われないですので、自分で原因を見つけて改善するしかないです。

話を戻しますが、9回目の不合格時すでに日記はWordPress上では削除してあったのですが、検索結果にはまだ残っていましたので、サーチコンソールからURLの削除を行いました。

自分のサイトの検索結果を知るときは、「site:〇〇(自分のサイトのURL)」と入力して調べれば、インデックス(検索エンジンに登録されること)されているページを見ることができます。

そして削除したい記事を、サーチコンソール→以前のツールとレポート(左側)→削除 の手順で消しました。

記事を削除するときはWordPress上で消すだけではなく、検索結果の方も気にした方がいいです。

急ぎでなければ自然と消えてくれるらしいのですが、私は急いでましたので自分で削除しました。(パーマリンクの整理も兼ねて)

あとから知ったのですが、記事をリライトするという方法もあります。

一生懸命書いた記事を跡形もなく消すのではなく、内容を書き直したり追記したりして充実させたうえで再度掲載することは、SEO的にも効果があるようです。

詳しくは「ブログのリライトとは?ブログをリライトする方法について|SEOラボ」をお読みください。

追記:URLの削除を行うと、後々面倒なことになります。
私もまだ初心者なのでうまく説明できないのですが、現在リダイレクトがうまくいかなくて悩んでいます。なので削除する際は慎重に。

価値の低い広告枠」の対策

当ブログは開設当初、私の経験をもとにしたメンタルヘルスについての記事を公開していました。

今は病気も治って元気ですので、治った経緯や生活上で気をつけた点などを書いていました。

10記事ほど完成した段階で、初めてアドセンス申請を行いました。

そこから9回落ち続けることになるのですが、1~8回目までの不合格の理由は「価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)」でした。

コンテンツが複製されている?

4回目の不合格までは正直「複製?なんで?私は自分の経験を書いているし何もパクってないよ!」と全く原因がわからず、記事をリライトしては不合格になるのを繰り返していました。

しかし5回目あたりの不合格をもらった頃に、クロネコ屋さんの病気ブログで稼ぐ方法【インチキ商品なしで収益化】という記事を見つけました。

目からウロコでした。

もし「病気のブログを書きながら稼ぎたい」と考えている私のような方は、ぜひお読みになってください。

正直この記事を見た時、もうブログやめようかなとも思いました。

コンテンツが複製されている原因については、前項と同様ハッキリと原因箇所は特定できなかったのですが、おそらく病気についての記事は、大手企業や病院のコラムなどで紹介されていたりするので、そこと内容がかぶっていたのかな?と推測されます。

あと誤解されるかもしれないので一応書いておきますが、クロネコ屋さんには感謝しています。

「病気ブログではSEOを封じられる」という事実にあの時気づかなければ、私は今でもアドセンスに合格できていないと思います。

ブログを1から作り直す

やめようかなとも思いましたが、すでにサーバー代を1年分支払ってしまったし、もったいないので続けることにしました。

メンタルヘルスに関する記事を全て削除し、ブログを1から作り直すことにしました。

新たに「子育て、お出かけ、暮らし」の3カテゴリーに内容を一新し、記事を書きました。

書いては消して・・を繰り返し、10回目の申請でようやく合格となりました。

この「書いては消して・・」に関して私がやった方法は、競合のブログを調べて、それらの記事よりも充実した内容の記事を作るということです。

具体的にいうと、自分が狙っているキーワード(検索されたい言葉)で実際に検索してみて、上位10件くらいの記事全てに目を通し、その10記事よりも内容を充実させるようにしました。

充実させるといっても私はそんなに知識があるわけではないので、実体験とか感想などを自分の言葉で書きました。

競合を調べている最中にわかったのですが「初めて見る記事なのに、自分の記事と似たような感じがする記事」を目にすることがありましたので、できるだけオリジナリティを出せるように工夫しました。

あと念のため、使用する画像もできるだけ自分が撮った写真を使いました。(その他はフリー素材です)

コンテンツの複製と言われた時に、コピペチェックツールを使うという方法もありますが、私は使用しませんでした。

特化ブログと雑記ブログ

合格に向けて調べていると「アドセンスは特化ブログが合格しやすい」とか結構書かれていましたが、当ブログの場合はあまり関係なかったです。

アドセンス合格時のカテゴリーと記事数は下記です。

カテゴリー名 記事数
お出かけ
子育て
暮らし

 

 

 

 

 

ご覧の通り「The 雑記ブログ」です。

10回目の申請時は6記事でしたが、審査中に1記事追加し、合格時点では7記事でした。

記事数については、少ない方がいいかもしれません。

記事が多いと、不合格の原因を特定するのが難しくなると思います。

申請のタイミング

「アドセンス再申請は最低でも2週間はあけた方がいい」などの情報は、おそらくこの記事を読んでくださっている方なら1度は目にしたことがあるかと思います。

しかし私は2週間はあけませんでした。

時には2日連続で再申請をしました。(不合格でしたが)

2週間と言われているのはきっと「ブログの見直し期間には少なくとも2週間はかかるよー」という思いが込められているのでは?と推測します。

実際ブログを手直ししてみるとわかるのですが、根本から変えようとすると1日や2日では終わりません。

かといって2週間も待てませんでしたので、私は「よし!満足!」と納得できる記事がいくつか完成したタイミングで申請しました。

納得できる記事が完成する頃には、おそらく数日経っていると思いますので自然と期間があきます。

まとめ

アドセンスの審査において、私がやったことをまとめると、

  • 情報収集はTwitterで
  • ポリシーに沿った記事を書く
  • 削除する記事はURLごと消す(消す時は慎重に)
  • 記事をリライトする
  • 競合を調べる
  • 自分の言葉で書き、自分の写真を使う

このような感じです。

アドセンスに何度も落ちたことは決して無駄ではなかった、と今は思えます。

何度も落ちたおかげで、ブログ運営について勉強もできましたし、文章を書くことにもだんだん慣れてきました。

あと審査中にこんなツイートをしました↓

ここ2か月程、通知音に踊らされる毎日でしたので対策してみました。

ビクッとなっている方はオススメです。

以上、アドセンスの対策についてでした。

一緒にブログがんばりましょう!

Twitterもやっていますので、よろしければフォローお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる