絵本の読み聞かせのコツ5選!【話を全然聞いてくれない子でもOK】

今回は、絵本の読み聞かせのポイントやコツをご紹介します。

いま息子は5歳なのですが、0歳の時から絵本を読んできました。

正直0歳に絵本を読んでいる時は「聞いてるのか聞いてないのかわからない・・・」という状況でした(笑)

1歳、2歳になって動きもどんどん活発になってくると、今度は子どもが動き回って全然絵本を見てくれない!という日が続きました。

3歳くらいからは座って聞いてくれるようになりましたが、今度は絵本のページを「自分でめくりたい!」という気持ちが強く、読む側としてはなかなか思うように読めませんでした。

こんな感じで何年も読み聞かせと格闘してきた中で、今回は「こうしたら読み聞かせできたよ!」というコツをまとめてみました。

過去の私のように「読み聞かせと絶賛格闘中」の方には、なにか1つでも参考になるかもしれませんので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

読み聞かせのコツ5選!

さっそく絵本の読み聞かせのコツを5つご紹介します!

子どもはじっとしてないのが当たり前

まず、そもそも子どもはじっとしていない生き物だと思いましょう!

じっとしてる方が、かなりレアです!

そして子どもは素直なので、基本的に自分の興味のあることしか見たり聞いたりしません。

逆に少しでも興味があると、食い入るように見たり聞いたりしてくれます。

途中で飽きたら、そこでおしまいにする

最初は興味があって絵本に近づいてきたけど、途中で飽きちゃってどっか行く・・・というのはもう日常茶飯事でした。

なので、子どもがウロウロしはじめたら私は「じゃぁ今日はここでおしまい!」と本を閉じてサッサと切り上げていました。

子どもが「つづきは?」と聞いてきたら「明日さいごまでお話聞けたら読んであげるよ」と言ってました。

そして翌日はまた最初から読んでました。

途中また子どもがウロウロし始めたら、本をとじて「おしまいね!」と言います。

続きが知りたかった子どもは「つづきは?」とまた聞いてきます。

そこで再度「さいごまでお話きいてくれたら全部読むよ」と言います。

ポイントは「最後まで座ってお話聞けるかな?」と、集中を促すような感じです。

「結末が知りたければ、最後まで黙って聞くんだよ」と諭すように言い続けると、子どもも「ああ、座ってればラストがわかるのか」と体で理解できるようになります。

同じテンションで読むのではなく、すこし抑揚をつける

とはいえ、最後まで座ってくれるようにはなっても、読み聞かせ自体が面白くなかったら子どもにとっては苦痛でしかありません。

なので読む時は、少し抑揚をつけましょう。

といってもあんまり大声だと子どもがビックリするので、明るい場面では少し声を高く、暗い場面ではやや低めの声で読んだりするとOKです。

また場面によっては早く読んだり、遅く読んだり、スピードも変えてみると躍動感がでて面白くなります。

効果音で書いてあるところ(ドン!とかバタバタ・・とか)は、ちょっと声をはってもいいかもしれません。

子どもの様子をうかがいながら読む

読み聞かせている時は、子どもの様子を見ながら読んであげましょう。

心底つまらなさそうな顔をしていたら別の本にするとか、眠そうにしていたら早めに切り上げるとか、子どものリアクションやペースを見ながら行いましょう。

子どもと同じ方向を向いて読む

絵本を読む時は、子どもと同じ向きで並んで読んだ方が読みやすいです。

膝の上にのせたり、隣同士で並んで読むとページもめくりやすいです。

ページをめくる時は素早く、途中で集中が途切れないように気をつけてください。

目で文章を追いながら、指ではページをめくる準備をします。

ページ送りでモタモタすると、ほんの何秒かのもたつきで子どもの興味がそがれてしまいます。

なのでページをめくるスピードは結構大事です。

ほぼ毎日絵本の読み聞かせをしてみて・・・

子どもが0歳~5歳までほぼ毎日絵本を読んできましたが、今思うとちゃんと座って話を聞いてくれたことの方が少なかったように思います。

そんなもんですよ、子どもなんてね(笑)

でもずっと絵本を読みきかせていると、相手の気持ちがわかるようになるみたいです。

例えば絵本に出てきた登場人物の名前を出して、「〇〇ちゃんはお花をもらったから嬉しかったんだね」とか。

絵本の読み聞かせを通して、こうしたら相手が喜ぶ・悲しむというのを、子どもが自然と理解できるようになってきました。

これって人が生きていくうえでも、すごく大事なことだと思うんですよね。

私の子育ての基本ルールは「自分がされて嫌なことは相手にしない」です。

なので生活の中でも、絵本の中でも、相手を理解する気持ちをもっと育んでいけたらなと思います。

あと、小さいうちはお気に入りの絵本を何度でも読みたがって、読む側としても心底飽きてしまうときが多々ありました。

そんな時はぜひ今回のコツを実践していただいて、読み方を工夫するとなんとか乗り切れます!

絵本の選び方

我が家は週1回、図書館で絵本を数冊借りて毎日寝る前に読んでいます。

毎週違う本を読むのって結構楽しいですよ。

寝る前に絵本を読む習慣をつけると、子どもも「読み聞かせ=もうすぐ就寝」と体で覚えてくれるようになって、その後の寝かしつけもスムーズです。

もし同じ本ばかりで飽き飽きしている方はぜひ図書館へ行ってみましょう。

最近はコロナウイルスの影響で図書館にあまり長時間滞在できないので、ジャケ写選びのように表紙だけで絵本をパパパッと選んでます(笑)

中身を特に見なくても、片っ端から借りていくとわりと面白い絵本に出会えたりしますよ。

パパパッと選んで面白かった絵本は下記の記事にまとめています。

上記の記事では、私も子どもも爆笑した本を中心にご紹介しています。

月齢別にまとめた記事は下記です。

ぜひ参考になさってください。

以上、絵本の読み聞かせのコツ5選!でした。

Twitterもやっていますので、よろしければフォローお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる