【年少さん】絵本の読み聞かせにオススメの絵本5選!

【年少さん】 絵本の読み聞かせにオススメの絵本5選!

こんにちは、あやけろ(@ayakerocom)です。

今回は年少さんにオススメの絵本をご紹介します。

年少さんといえば3~4歳頃ですね。

だんだん動きも活発になってきて、保育園や幼稚園の友達との交流も増えてくる頃。

年少になると子どもたちは、日々の出来事や身の回りのことに興味を持ちはじめます。

そしてわからないことや不思議に思うことを、親や周りの大人に「なんで?」「どうして?」と質問してくるようになります。

この「なんで?なんで?」攻撃・・・たまに聞かれる分にはいいんですけど、子どもたちは毎日、毎日容赦なく「なんで?なんで?」と聞いてくるので、正直ちょっとしんどい時がありますよね。

絵本のいいところは、そういった子どもたちの「なんで?」という好奇心を満たしてくれるところかな、思っています。

ここでご紹介している絵本は、「なんで?どうして?」とよく聞いてきたうちの息子も読んだ本ばかりです。

お気に入りすぎて、実際に購入した絵本もあります。

絵本選びに悩まれている方は、ぜひ参考になさってください。

目次

年少からは物語の絵本を

年少さん頃からは、これまで読んでいた絵が中心の本ではなく、ストーリー仕立ての物語になっている絵本を選ぶといいです。

だんだん日本語も上達してくる頃なので、少々長い文章でもなんとなく理解できるようになっているはずです。

とはいえ、あまり長すぎる話だと子どもが途中で飽きてしまいますので、まずは短めの絵本からトライしてみましょう。

年少さんにオススメの絵本5選!

さっそく年少さんにオススメの絵本を5冊、ご紹介します。

14ひきのあさごはん

こちらは「14ひきのあさごはん」ですが、シリーズものの一冊です。

14ひきシリーズは、全部で12冊あります。

14ひきシリーズ一覧
  • 14ひきのひっこし
  • 14ひきのあさごはん
  • 14ひきのやまいも
  • 14ひきのさむいふゆ
  • 14ひきのぴくにっく
  • 14ひきのおつきみ
  • 14ひきのせんたく
  • 14ひきのあきまつり
  • 14ひきのこもりうた
  • 14ひきのかぼちゃ
  • 14ひきのとんぼいけ
  • 14ひきのもちつき

シリーズすべて読みましたが、息子は「14ひきのあさごはん」が一番好きだそうです。

私は「14ひきのおつきみ」が好きかな。

14ひきシリーズの全巻セットもありますよ。

ちなみに、14ひきシリーズの作者、いわむらかずおさんが絵を担当している「7つごねずみシリーズ」もオススメです。

こちらは7つごの兄弟のお話で、シリーズは全部で3冊あります。

7つごねずみシリーズ一覧
  • ねずみのでんしゃ
  • ねずみのいもほり
  • ねずみのかいすいよく

いわむらかずおさんの絵本は、絵がとても繊細で綺麗です。

植物や虫なども細かく描かれているので、まるで本物の写真のようなリアルさ。

文章も少なめですので、はじめて物語を読むお子さんにもオススメです。

ぐるんぱのようちえん

「ぐるんぱのようちえん」は、けっこう奥が深い絵本です。

物語の主人公ぐるんぱは、孤独な象です。

ある日、仲間たちに言われて働きに出るのですが、どこへ行っても失敗ばかりで落ち込みます。

しかしあるお母さんから「子どもの相手をしてて!」と言われたことがキッカケで、子どもたちのようちえんをひらくことに。

どこへ行っても厄介払いだったぐるんぱが、人生で初めて「自分の居場所」を見つけるお話です。

この絵本の本質を知るには、まだ年少さんは早いかもしれません。

ですが「ぐるんぱのようちえんは」、子どもたちの心に響くものがあると思います。

物語の絵本に慣れてきたころにオススメの一冊です。

絵もとてもかわいいですよ。

ぶーちゃんとおにいちゃん

こちらは、島田ゆかさん作の「ぶーちゃんとおにいちゃん」です。

島田ゆかさんは「バムとケロ」シリーズで有名な作家さんです。

バムケロシリーズについては、こちらでもご紹介していますので、ぜひご覧ください。

あわせて読みたい
【0~5歳】オススメの絵本をまとめました【子どもの年齢別】 今回は、子どもの読み聞かせにオススメの絵本をご紹介します。 絵本ってたくさん種類があって、どれがいいのかわからなくなりますよね。 そんな時の我が家の絵本の選び...

「ぶーちゃんとおにいちゃん」も、バムケロシリーズのように、読んだあと心がほっこりするようなお話です。

おにいちゃんのまねばかりするぶーちゃんが主人公。

おにいちゃんと遊びたくてたまらないぶーちゃんが、とってもかわいいです。

バムケロ好きなら絶対オススメの一冊!

でんしゃでいこう でんしゃでかえろう

やまのえき~うみのえきまで、電車が走る絵本です。

一見なんの変哲もない絵本ですが、実はこの絵本は前から読んでも後ろから読んでもOKな構成になっています。

本を逆から読んでもまったく違和感がないです!不思議!

息子は絵本の中の「電車がトンネルに入るところが好き!」と言ってました。

もちろん、トンネルも前から後ろからどちらでもOK。

乗り物好きな男の子にもオススメです!

みんなうんち

こちらの本は物語ではないのですが、最後のオススメの一冊としてご紹介します。

もう~、子どもって好きですよねぇ~、うんちとかおしりとか(笑)

たまには何も考えずに、ゲラゲラ笑える本もあった方がいいかと思うので、こちらをご紹介してみました。

全ページ、うんちが出てきますよ。

まとめ

今回はわりとメジャーな絵本をご紹介したので、お近くの図書館などにも置いてあるかと思います。

どの絵本もオススメなので、ぜひお子さんと一緒に手に取ってみてください。

もし読み聞かせでお悩みの方は、読み聞かせのコツもご紹介していますので、こちらも参考にどうぞ。

あわせて読みたい
絵本の読み聞かせのコツ5選!【話を全然聞いてくれない子でもOK】 今回は、絵本の読み聞かせのポイントやコツをご紹介します。 いま息子は5歳なのですが、0歳の時から絵本を読んできました。 正直0歳に絵本を読んでいる時は「聞いて...

ほかにもオススメの絵本をご紹介していますので、あわせてご覧ください。

あわせて読みたい
【0~5歳】オススメの絵本をまとめました【子どもの年齢別】 今回は、子どもの読み聞かせにオススメの絵本をご紹介します。 絵本ってたくさん種類があって、どれがいいのかわからなくなりますよね。 そんな時の我が家の絵本の選び...
あわせて読みたい
【5歳児プレゼンツ】最近のお気に入り絵本5選!【親も爆笑】 今回は、最近うちの息子(5歳)と読んだ絵本の中で、特におもしろかった絵本をご紹介します。 息子と私は毎週図書館に通っていて、毎回5~10冊くらい絵本を借りていま...

以上、年少さんにオススメの絵本のご紹介でした。

Twitterもやっていますので、よろしければフォローお願いします。

【年少さん】 絵本の読み聞かせにオススメの絵本5選!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる