【プログラミング教育とは?】小学校から必須化されるねらい、年間指導計画や問題点

【プログラミング教育とは?】小学校から必須化されるねらい、年間指導計画や問題点

こんにちは、あやけろ(@ayakerocom)です。

2020年から小学校でプログラミング教育が必須化されましたね!

今回は「そもそもなぜ小学校からプログラミング教育が導入されたのか?」という点についてまとめました。

プログラミング教育の目的や、ねらいとは?プログラミング教育の年間指導計画ってどうなっている?という点や、

導入されたばかりの現時点で、すでに浮き彫りになっている問題点など・・・詳細にまとめました。

また今後、プログラミング教育の導入によって学校の授業はどのように変わっていくのでしょうか?

詳しく解説していきたいと思います。

目次

小学校からのプログラミング教育とは?

小学校からのプログラミング教育では、「プログラミング」という科目が増えるわけではないです。

今、行われている授業(国語や算数、図工など全ての科目)の中に「プログラミング的思考」を取り入れていくことがプログラミング教育です。

では、プログラミング教育とはどういったものか?

それは「論理的思考力」を育てる教育です。

論理的な思考が育つと、自分で考えて自分で問題を解決しようとするチカラがつきます。

この論理的思考力は、将来子どもたちが社会人になった時、大いに役立つものとなります。

詳しくは下記もあわせてご覧ください。

プログラミング教育が必須化される目的・ねらい

文部科学省の資料によると、プログラミング教育には以下のような目的があります。

これからの時代を生きていく子供たちには、ますます身近となる情報技術を効果的に活用しながら、複雑な文脈の中から読み解いた情報を基に論理的・創造的に考え、解決すべき課題や解決の方向性を自ら見いだし、多様な他者と協働して新たな価値を創造していくための力が求められる

引用:小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について│文部科学省

グローバル化していく現代において、時代に沿った教育をしていこう、というのが目的です。

事実、日本のプログラミング教育は世界と比べてやや遅れています。

そして、プログラミング教育のねらいは下記です。

自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力が必要になる。

引用:小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について│文部科学省

前章でもお伝えしたように、自分で問題解決する力を身につけて、論理的思考力を高めましょう、というねらいがあります。

論理的思考力、つまりプログラミング的思考を当たり前に使える人になりましょう、ということです。

目の前の問題を放置しても、結果いいことなんてありませんよね。

ですが「論理的思考力」を鍛えて思考力がアップすると、自分で問題を解決して前進することができるようになります。

この思考力は、どんな仕事にも活かすことができますよ。

プログラミング教育の年間指導計画

次にプログラミング教育の年間指導計画はどうなっているのかを見ていきます。

こちらは保護者向けというよりも先生向けの情報なので、興味のある方だけご覧になってください。

こちらは青森県のプログラミング教育年間指導計画です。

青森県の資料が一番わかりやすかったので、引用させていただきました。

表によると、小学1年生では「ビスケット」を使ってマウス操作の学習をスタートさせます。(9月~3月で10時間)

それと並行して「道徳」の時間で”規則の尊重”を学びます。(10月に1時間)

小学1年生の1年間で合計11時間程度なので、そこまで多くないですよね。

プログラミングの時間は、学年が上がるごとにだんだんと増えていくと思います。

ちなみに、さきほど書いた「ビスケット」とは、ビジュアルプログラミング言語のことです。

自分で書いた絵にプログラムすると、その絵が動きます。

上記の記事内で「viscuit(ビスケット)」という無料アプリをご紹介していますので、ぜひ体験してみてください。

無料のアプリは他にもありますので、ぜひ遊んでみてください。

プログラミング教育の問題点は?

次にプログラミング教育の問題点についてです。

一番の問題は、現場が十分に対応しきれてないことかな?と思います。

というのも、プログラミング教育の概念や授業を開始する前に、まずは先生たちがプログラミングを学ばなければいけませんよね。

このあたりの話はプログラミング教室の先生も心配されていました。

学校の先生って本当に大変そうです。

詳細は下記へどうぞ。

あと、よく誤解されている例として挙げると、プログラミング教育では全ての授業がパソコンやタブレットを使ったものになるとは限りません。

現時点では、おそらく一部の授業のみで使用されることになりそうです。

というのも、小学生全員がパソコンを上手に操作できるわけではないので、まずはプログラミング的思考の基礎を学びます。

具体的には、本を読んだり、ボードゲームやカード遊びする「アンプラグド」と呼ばれる学習法です。

アンプラグドとは、パソコンやタブレットを使わないでプログラミングを学習する方法です。

まとめ

今回は、小学校から必須化されるプログラミング教育の目的やねらい、年間指導計画や問題点などをまとめてみました。

これから子どもをプログラミング教室に通わせるという方も多いと思います。

ここ数年でプログラミング教室は、親が通わせたい人気習いごとのひとつになりましたね。

関心が高まっていく分野ですので、ぜひ無料アプリで遊んでみたり、無料体験教室で体感してみてくださいね。

Twitterもやっていますので、よろしければフォローお願いします。

【プログラミング教育とは?】小学校から必須化されるねらい、年間指導計画や問題点

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる