【自考力キッズ】プログラミング体験教室へ行ってみた!【長崎】

こんにちは、あやけろ(@ayakerocom)です。

今回は、5歳の息子とプログラミング体験教室へ行ってきましたので、実際の授業の様子や内容、受講した感想、そして小学校から始まるプログラミング学習についてもまとめました。

この記事の主な内容
  • 小学校からはじまるプログラミング学習について
  • アーテック自考力キッズの紹介
  • 自考力キッズ無料体験教室のレポート

以上のような内容をお届けします。

目次

小学校からプログラミング学習は必須化!

2020年のプログラミング教育必修化の発表を受け、 プログラミング教室が注目度の高い習い事となっています。

私が住む長崎にも、プログラミング教室がいくつか新設されてきています。

とはいえ地方なので、都会に比べると選択肢はまだ少ないかもしれませんが、これから確実に増えていくことが予想されます。

ますますIT社会が加速していき、エンジニア不足も懸念されていますので、プログラミングはぜひ身につけておきたいスキルです。(手に職をつけたい方にもオススメ)

なので、息子もIT社会に飛び出していく準備が必要だと感じ、プログラミング体験教室へ行ってきました。(私もプログラミング勉強中なので良いタイミングでした)

今回体験したのはアーテック自考力キッズというプログラミング教室です。

【自考力キッズ】プログラミング体験教室へ行ってみた!【長崎】

>>アーテック自考力キッズ|公式サイト

アーテック自考力キッズの教材は、実際に小学校でも導入されている教材を手掛けた「アーテック」という会社のものです。

なので、小学校でいきなり「プログラミングってなにそれ?おいしいの?」という状態からスタートするよりも、まずは無料の体験授業を受けて「学校のプログラミング授業ってこんな感じなんだね、ふ~ん」くらいの認識をしておくと、スムーズに授業に入れるのではないかと思います。

ちなみに小学校でのプログラミング授業は、小学3年生からスタートして、小学5年生からは通知表でも評価される項目になるんだそうです。

小学校での授業内容は、まずロボットを作り、簡単な命令をさせ動かしてみるような感じになるそう。

ただ無料体験教室の先生曰く「実際の所プログラミング学習の導入はまだ始まったばかりで、教育現場では対応に追われている最中なので、今後どうなっていくかはまだ不明な点も多い」とのことでした。

小学校の先生達も大変みたいですね。(英語の授業も進化してきてて、そっちも準備が大変らしいです)

アーテック自考力キッズとは?授業内容、テキスト、月謝は?

というわけで、さっそく今回無料体験した「アーテック自考力キッズ」について簡単にご紹介します。

自考力キッズについて

自考力キッズは、加盟教室数が全国40都道府県、規模としては約500教室です。

長崎では明光義塾が加盟しており、今回無料体験してきたのも明光義塾で行われているプログラミング授業の1コマです。

自考力キッズの主な特徴
  • パズル
  • ロボット
  • プログラミング

上記3つをまとめて学べる、低学年向けの教室です。

毎月、パズルとロボットとプログラミングの3種類のカリキュラムに取り組む2年間のコースとなっています。

推奨年齢は年長~小学校低学年(小1・小2)となっていますが、息子は年中3学期での体験でした。

早く始める分には問題ないそうですが、授業が60分あるので1時間座ってられるか?ということと、テキストの文字を読めるか?という点もあるので「その辺は相談してください」とのことでした。

自考力キッズのテキスト・授業内容

実際に使用するテキストはこんな感じです↓

写真もあってイラストもカラーなのでわかりやすいです。文字も少なめ。

体験授業では、パズル・ロボットなどから興味のあるものを選べたのですが、息子はロボットを選択。

こちらはコースで実際に作っていくロボットたちですが、今回体験教室で組み立てたのは「第1回:車を走らせよう」の車です。(上記写真の左上)

実際に使用する教材の部品で車を組み立て、モーターで走らせるところまで教えて頂きました。

体験授業では電池を使用した走行でしたが、授業が進めばパソコンを使ってロボットに専用のソフトで命令をし、実際に動かしてみたり指定したコースを走らせたりしていきます。

今回は、息子もはじめてのプログラミング体験でしたが、いつもはジっとしていない子なのに、 60分フルで夢中になってロボットを組み立てていました。

テキストも写真がたくさんあったので、文字を読めなくても写真通りに組み立てていけばOK

最後は組み立てた車を走らせながらとても満足そうで、かなり楽しかった様子。

自考力キッズの料金(月謝・教材費など)

ここで気になる月謝や教材費ですが、今回体験した「アーテック自考力キッズ」は、

月謝 6,600円/月(税込)
教室維持費 2,200円/月(税込)
入会金 無料
教材費 24,200円(分割払あり)
回数 週1回/60分
対象年齢 年長以上~小学校低学年
期間 2年間のコース

費用は上記の通りです。(長崎の明光義塾、みらいキッズコースの場合)

月々の支払いは、月謝+教室維持費なので、6,600円+2,200円=8,800円です。

ちなみにこの料金は、長崎のプログラミング教室の中では最安値だそうです。

調べたところ、料金は地域によって差がありますので、詳しくは体験教室、もしくは公式サイトのお問合せからどうぞ。

そして教材については、最初にまとめて購入したものを2年間使用していくスタイルになります。

教材は部品が小さく量も多いので、教室に置いて帰ってもOKだそうです。

部品をなくす可能性があるので「むしろ置いて帰った方がいいですよ!」とのことでした(もしなくしたら部品1つから注文も可能です)。

自考力キッズ無料体験教室のレポート・感想

無料体験教室を終えた感想ですが、息子はとても楽しかったようです。

最初は見知らぬ教室で、初対面の先生を前にガチガチに緊張した様子でしたが、先生の教え方も「次はどうなるかな?自分でやってごらん」みたいな、答えを引き出してくれる感じでかなり丁寧でした。

ロボットを組み立てはじめて楽しくなったのか、授業の後半ではすっかり緊張もほぐれ笑顔に。

親としても、正直「プログラミングってどんなことするんだろう?」「もし子どもに聞かれても答えられない」といった不安があったのですが、授業を通して「なるほど、こんな感じなのね」と雰囲気をつかめたのでとても満足です。

これから子どもと一緒にプログラミングを勉強していこうと思っている方にも是非オススメです。

体験教室は無料ですので、よかったらお近くの教室を検索して、気軽に体験してみてください。

以上、プログラミングの体験教室へ行ってみた!でした。

Twitterもやっていますので、よろしければフォローお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる