【5歳児プレゼンツ】最近のお気に入り絵本5選!【親も爆笑】

こんにちは、あやけろ(@ayakerocom)です。

今回は、最近うちの息子(5歳)と読んだ絵本の中で、特におもしろかった絵本をご紹介します。

息子と私は毎週図書館に通っていて、毎回5~10冊くらい絵本を借りています。

その中でもここ1~2ヵ月の中で、特に面白かった本を5冊ほどピックアップしてみました。

読み聞かせる大人も一緒に笑えるような絵本を選びましたので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

キャベツくん

「キャベツくん」は、キャベツの頭をしたキャベツくんが主人公の絵本です。

登場人物はキャベツくんとぶたやまさん。

絵本が始まるや否や、突然ぶたやまさんに「キャベツ!おまえをたべる!」と言われ、大ピンチの主人公。

食べられるのを回避するため、キャベツくんはぶたやまさんに説得を試みていきます。

物語は終始淡々と進むのですが、その淡々とした雰囲気がなんともシュールで個人的にかなりツボでした。

息子は「キャベツくん可愛いね」とにこやかでしたが、私は読み聞かせながら笑いすぎて泣きました。

ちょっとブラックなユーモアがお好きでしたら、かなりオススメです。

つきよのキャベツくん

「キャベツくん」はシリーズになっていて、こちらの「つきよのキャベツくん」ともう一冊「キャベツくんとぶたやまさん」があります。

読む順番はあまりこだわらなくても大丈夫ですが、キャベツくんシリーズの中で一番のオススメは「つきよのキャベツくん」です。

さきほどご紹介した「キャベツくん」で心を鷲掴みされた私は、キャベツくんについて調べ、キャベツくんシリーズがあと2冊あるのを知り、急いで図書館にて予約。

「お母さんもキャベツくん好きとやね~」と不思議そうな顔をする息子を尻目に、本を借りてきた晩に意気揚々と読み聞かせました。

案の定「つきよのキャベツくん」のラストあたりでは、笑い泣きしすぎて視界がかすみ、爆笑しすぎて読み聞かせになっていなかったようです。(ちゃんと読んで!と息子に怒られました)

ですが「つきよのキャベツくん」は、キャベツくんシリーズの中で私が一番腹を抱えて笑い転げた一冊ですので、ぜひ読んでいただきたいです。

キャベツくんという野菜が主人公の絵本に、なぜ豚であるぶたやまさんが毎回登場するのか?という謎も解けました。

理由もとてもシュールなものでした。

「キャベツくん」シリーズは、個人的に過去一番のオススメ絵本です(2020年2月現在)。

ドン・ウッサそらをとぶ

こちらの絵本は、ウサギの親分であるドン・ウッサと、彼に仕える3羽の健気な子分たちのお話です。

ドン・ウッサの願いを叶えるために子分たちが奮闘するのですが、その奮闘ぶりがなんとも斜め上でとても面白いです。

子分たちは親分を喜ばせようといつも一生懸命なのですが、失敗を繰り返してしまいます。

けれど親分もくじけずに「わし、がんばる」と何度も挑戦していきます。

絵本のラストで「キリンさんになりたい」という親分の願いを叶えるため、子分たちがまたもや奮闘するのですが・・・

果たして親分はキリンさんになれるのか?!

ゴリラさんダメです

「ゴリラさんダメです」は、先ほどご紹介した「ドン・ウッサそらをとぶ」と同じ作者:キューライスさんの絵本です。

登場するのは、うさやまさんとゴリラさん。

ある日うさやまさんが畑を耕していると、こわそうなゴリラが突然やってきて、うさやまさんの畑に入ってきてしまうところから物語がはじまります。

うさやまさんは震えながら何度も「入ってはダメですよ」とゴリラに訴えるのですが、そのゴリラの華麗なるスルーっぷりがなんとも面白いのでオススメです。

オニのサラリーマン

こちらの絵本では、セリフが全て関西弁で書いてありますので、読み聞かせの時にエセ関西人になれます。

そして主人公であるオニは、家族を養うため毎日地獄で働くサラリーマンです。

妻の愛妻弁当を持ち、子どもたちに見送られ、毎朝 満員バスで揺られながら出勤していきます。

時には上司(エンマ大王)に怒られながらも日々奮闘している様子は、まさに現代のお父さんそのものです。

「オニのサラリーマン」はシリーズになっていますので、全作品オススメです!

こちらはオニのおとうちゃんが、出雲へ出張するおはなしです。

こちらは、お盆中の地獄の様子が書かれています。

お盆は亡者も里帰りしてしまうので、地獄はガランとしています。

そんな中、エンマ大王に言われオニたちはある行動をするのですが・・・。

続きはぜひ絵本でご覧ください!

まとめ

絵本は子どもだけでなく大人も楽しめた方が、読み聞かせも苦にならないと思います。

なので今回は、親である私も楽しめた絵本をご紹介しました。

なにげなく読んだ絵本も、もう一度読むと新しい発見があったりするので、繰り返し読んでみるのもいいですよ。

あわせて読みたい
【0~5歳】オススメの絵本をまとめました【子どもの年齢別】 今回は、子どもの読み聞かせにオススメの絵本をご紹介します。 絵本ってたくさん種類があって、どれがいいのかわからなくなりますよね。 そんな時の我が家の絵本の選び...

以上、最近のお気に入り絵本のご紹介でした。

Twitterもやっていますので、よろしければフォローお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる