【とっとっと?】子育て中の長崎弁を例文でご紹介【とっとっと!】

こんにちは、あやけろ(@ayakerocom)です。

 

今回は、長崎弁講座です。

普段、息子(5歳)と話している長崎弁を例にして、解説してみました。

目次

あーも!

意味は「嗚呼、もう〇〇ったら」の「嗚呼、もう」→「ああもう」→「あーも」と変化しています。

怒っている時は「あーもっ!」(”あー”を強く)

標準語だと思ったら、長崎弁でした。

毎日使います。

使い方:
子「おかあさーん、お茶ばこぼしたー」
私「あーも!なんしよっとねー!ふかんね!(拭きなさい)」

〇〇しよっけん!

意味は「〇〇している」です。

現在進行形(~ing)のような使い方です。

動詞が変わると形が変わります。

  • 見ている→「みよっけん
  • 食べている→「たべよっけん
  • 座っている→「すわっとっけん
使い方:
私「あいたー!あーも、こがんとこにおもちゃば置いて、踏んだやかね」
子「いま遊びよっけん、踏まんでよー」

〇〇ばい!〇〇たい!

意味は「〇〇だよ」です

語尾に使用します。

長崎では「〇〇ばい!」のほかに「〇〇たい!」と使ったりもします。

違いとしては、”〇〇ばい”は、そこで会話が完結し、断定する感じです。

”〇〇たい”は、もう少し柔らかいニュアンスで使います。

使い方:
”ばい”の場合
私「あらー、明日幼稚園はお弁当の日やったかな」
子「おかあさん、お弁当はあさってばい!
”たい”の場合
子「ただいまー、ほら幼稚園で拾ったお花、おみやげ」
私「わー、かわいかたい!ありがとうねー」

〇〇のごと

意味は「〇〇のように」です。

また「〇〇のごたんね~」と変化しますが、意味は「〇〇みたいだね~」です。

使い方:
子「わー、あの雲、大きか!見てー!」
私「ほんとねー、ソフトクリームのごたんね~

あい、こい、そい、どい

意味は「あれ、これ、それ、どれ」です。

使い方:
(手が離せない時)
「あー、あいば取って」
(何か見つけた時)
こいこい!あーやっと見つけたー」
※おいでおいで、と言ってる訳ではありません。「これこれ!」と言いたい。
(息子が手に枝をもっていた時)
そいはなんの枝ね?どっから持ってきたとね?」
(公園にて)
子「この石と、この石がかわいかやろ?あーあれも持って帰ろう」
私「お母さんどいどいか、いっちょんわからんばい・・(どれがどれだか全然わからないよ)」

よかよ!・よか~

「よか」は、肯定する時と否定するとき、両方使います。

肯定する時の意味は「いいよ」とか「大丈夫ですよ」という感じです。

否定する時の意味は「いいえ」とか「遠慮しておく」のようなニュアンスです。

また「よか?」と疑問形で使うと「いいの?」という意味になります。

使い方:
(肯定する時)
子「アイス食べてよかー?」→疑問形
私「よかよー」→OKということ
(否定する時)
私「野菜も食べんねー」
子「いや、よか~」→食べたくない、できれば遠慮したい、ということ

なおしとって!

意味は「(物を)しまう、片づける」です。決して修理するわけではないです。

以前、私が上京したばかりだった頃に、職場でおもわず「あーこのファイルなおしときますね」と言って空気を凍らせたことがあります。

たまたま長崎出身の同僚がおり、その人がすかさず「あやちゃん!”なおす”は長崎弁よ!」と教えてくれました。

バリ恥ずかしかったけんね~

ということで長崎での”なおす”の使い方としては、

使い方:
私「はよー(早く)、おもちゃばなおさんねー
子「わかっとるってー!」

番外編:ばってん

意味は「しかし、けれど」のような逆説の接続詞ですが、息子はあまり使いません。

若い子はあまり使わないのかな。

けれど九州地方のメジャーな方言ですので、とりあえず書いておきます。

使い方:
私「こないだあそこのスーパー行ってきたばってん、お肉のきれかったよ(綺麗だったよ)」
友人「ほんとね!行ってむーかな!(行ってみようかな!)」

まとめ

普段親子でよく使っている長崎弁をまとめてみました。

方言はおそらく日本全国そうだと思いますが、年齢があがる程、使用率もあがると思います。

中にはおじいちゃん・おばあちゃんが何を言っているかわからない、といった方もいらっしゃるかもしれません。

しかし過去に上京したことがある身としては、やはり地元に帰省して地元の方言を聞くと、ホッとしてなんだかすごく安心する気持ちでした。

空港に到着すると、どこからともなく長崎弁が聞こえてきて、「あー帰ってきたんだなー」と地元の空気を一番に感じることができたのが方言でした。

今は長崎で子育てしているので、長崎弁まるだしで生活しており、息子も順調に長崎弁に染まっていっていますが、もし彼が他県などへ就職し、たまに帰省してくれるようになったら、私と同じ気持ちになってくれるのかなーなんて考えたりもします。

物思いにふけりながら、今日はこのへんで。

 

Twitterもやっていますので、よろしければフォローお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる