【長崎市】光の庭園 in グラバー園 2019へ行ってきた!

【長崎市】光の庭園 in グラバー園 2019へ行ってきた!

こんにちは、あやけろ(@ayakerocom)です。

 

今回は、長崎市のグラバー園へ行ってきました。

グラバー園では、年間を通して様々なイベントが開催されていますが、今回は光の庭園 in グラバー園 2019の様子を写真を添えてご紹介します。

光の庭園のイベント期間は、2019年11月22日~2020年2月10日までです。

目次

グラバー園とは

そもそも「グラバー園って何?」という方へ、簡単にご説明すると下記の通りです。

グラバー園(グラバーえん)は、長崎県長崎市南山手町8-1にある観光施設である。
1859年(安政6年)の長崎開港後に長崎に来住したイギリス人商人グラバー、リンガー、オルトの旧邸があった敷地に、長崎市内に残っていた歴史的建造物を移築し、野外博物館の状態を呈している。

引用:Wikipedia

明治時代の長崎で活躍したグラバーさん達の「実際に住んでいた家」などが展示されています。

家の中には実際に入ることができて、当時の暮らしぶりを知ることができます。

また建物は西洋風ですが、屋根には瓦が使われていたりしますので、日本文化も入り混じった貴重な洋風建築となっています。

光の庭園inグラバー園

さっそくグラバー園へ。

グラバー坂~大浦天主堂

グラバー園

徒歩で行かれるのでしたら、まずはこの「グラバー坂」を登ります。

グラバー園

坂を登ると「大浦天主堂」が見えてきます。

グラバー園

大浦天主堂から少し右へ進むと、こちらのグラバー園入口が見えます。

グラバー園入口~園内へ

グラバー園

入口からさらに登り、こちらで受付を済ませて入場です。

(2020年1月1日(水)~1月31日(火)の期間は、長崎市民は無料で入場できます)

グラバー園

グラバー園内は坂と階段が多いのですが、このように動く歩道もあります。(登り方向のみ)

グラバー園

動く歩道を一番上まで登りきると、こちらの「旧三菱第2ドックハウス」が見えます。

この建物は実際に入ることができます。

グラバー園

「旧三菱第2ドックハウス」の2階からの眺めです。

ここから出口までは、下り坂&階段です。

グラバー園

階段横にはスロープもありますので、ベビーカーや車いすの方も入場OKです。

グラバー園

大きなツリーがドーンとありました。

グラバー園

こちらは「旧ウォーカー住宅」です。

グラバー園

こちらは「旧リンガー住宅」と庭です。

グラバー園

こちらは「旧オルト住宅」です。

旧オルト住宅の裏手にはもうひとつ建物があって、当時の使用人の方が使っていた和室や土間があります。

表は西洋風なのに裏は和風、なんとも長崎らしいなと感じました。

グラバー園

ここは「グラバーカフェ」前です。

こちらのイルミネーションは光がついたり消えたりしますので、キラキラして幻想的な雰囲気でした。

旧グラバー住宅、保存修理工事中

ただいまグラバー園のメインともいえる建物「旧グラバー住宅」は、絶賛工事中です。

グラバー園

約半世紀ぶりの保存修理工事だそうで、工事には耐震補強も含むとのこと。

工事期間は2020年1月~2021年4月までの予定。

グラバー園

工事期間中は「見学用特設展望デッキ」から、工事の様子を見学することができます。

上記の写真も見学用のデッキで撮影しました。

グラバー園

ちなみに見学用デッキからは、夜景もキレイに見えます。

このような大規模修復を生で見られるのは、ある意味で貴重ですね。

ハートストーン

グラバー園の石畳の中には、2か所だけハートになっている石があります。

見つけると恋の願いが叶うかも、だそうです。

グラバー園

こちらと、

グラバー園

こちらです。

暗がりの中、必死に探して見つけた時はテンション爆上げだったのですが、帰宅してから受付でもらったパンフレットをながめていると、ハートストーンの場所が詳細に書いてありました。

なので別に血眼になって探さなくても、受付でマップをもらえるので場所はすぐわかります。

マップには基本ルートも掲載されており、各所の見どころも書いてありますので、読みながら進んでみてください。

ちなみに帰る頃にはあたりもすっかり暗くなっており、

グラバー園

大浦天主堂もライトアップされていて、キレイでした。

アクセス

グラバー園の場所はこちら↓

経路や入場料などの詳細については、グラバー園公式ウェブサイトをご覧ください。

園内を一巡するための所要時間は40分です。

園内では、食事(お弁当など)は出来ません。(喫茶室や自販機はあります)

園内にはオストメイト付き多目的トイレや休憩室、授乳室も完備。
園内専用電動車椅子の無料貸出しもあります。
また「動く歩道」や車椅子用スロープが整備されていますが、歩道の殆どが石畳で勾配も随所にあるため車椅子での園内散策は介助が必要です。
※貸し出し電動車椅子を利用される場合は、安全の為に必ず説明を受けましょう。

引用:グラバー園公式ウェブサイト

無料の電動車椅子もあるそうなので、詳しくはグラバー園管理事務所(TEL:095-822-8223)へお問い合わせください。

 

以上、光の庭園 in グラバー園のご紹介でした。

Twitterもやっていますので、よろしければフォローお願いします。

【長崎市】光の庭園 in グラバー園 2019へ行ってきた!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる