【長崎市中央】大徳寺公園へ行ってきた!【寺もないのに大徳寺】

こんにちは、あやけろ(@ayakerocom)です。

 

今回は、大徳寺公園へ行ってきました。

タイトルにある「寺もないのに大徳寺」とは、長崎七不思議のひとつです。(七不思議については後述します)

園内には梅が枝餅を焼いているお店もあります。公園で遊んだあとのおやつにもオススメです。

それでは、ご紹介していきます。

目次

概要

市内中心部に位置し、神社の境内であったことからクスノキの大樹が森をなしている静かな環境の公園です。

引用:長崎市ホームページ

大徳寺公園は、思案橋から歩いて約5分程の距離です。

わりと中心部に位置していますが、とても自然豊かな公園です。

遊具・グラウンド

大徳寺公園

こちらは遊具のあるエリアです。

大徳寺公園

やや大きめの遊具があります。

大徳寺公園

ブランコもあります。

大徳寺公園

こちらは遊具のあるエリア下のグラウンドです。

そんなに広くはないですが、夕方は近所の子どもたちがサッカーなどをして遊んでたりします。

大徳寺公園

公園内のトイレです。

おむつかえシートはありません。

大徳寺公園

こちらの水道はトイレ横にあります。

梅香崎天満宮

遊具があるエリアの横には、梅香崎天満宮があります。

大徳寺公園

ちなみに「天満宮」とは、菅原道真を祭神とする神社のことだそうです。

大徳寺公園

梅香崎天満宮のすぐ横には、若杉稲荷神社があります。

大徳寺公園

境内の梅の木に、小さなつぼみが。

ちなみに遊具のあるエリアは、春になると桜が咲いてお花見もできます。

梅ヶ枝焼餅老舗 菊水

大徳寺公園のグラウンド横には「梅ヶ枝焼餅老舗 菊水」というお店があります。

大徳寺公園

とても趣のある外観です。

大徳寺公園

1人前4個で700円(税込)です。

私が買いに行ったときは「2個ならすぐ作れるよ」とのことでしたので、2個(350円)頂きました。

大徳寺公園

こちらが梅ヶ枝餅です。

梅ヶ枝餅とは、薄いお餅の生地の中に餡子が入っている焼餅です。

生地から焼くところまで、全て手作りだそうです。

 

大徳寺公園

持ち帰って食べました。とっても美味しかったです。

ちなみに「梅ヶ枝焼餅老舗 菊水」は、2020年2月中旬から「火曜定休」になる予定です。

それまでは毎日営業するそうです(時間は10~17時まで)。

長崎七不思議

冒頭で書いた「寺もないのに大徳寺」とは、長崎七不思議のひとつです。

先ほどの菊水さんにて、

大徳寺公園

こちらを発見。

長崎市内に住んでいる方が読むと「ああ、確かにね」といった内容だと思います。

ご参考までに。

アクセス

大徳寺公園の場所はこちら↓

最寄りのバス停は「思案橋」、最寄りの電停も「思案橋」です。

電車通りからは歩いて約5分です。

駐車場はありません。

場所が少しわかりにくいので、参考までに下記の写真をどうぞ。

大徳寺公園

この路地の坂を登ります。

正面に見える白い建物は、ホテルマリンワールドです。

大徳寺公園

坂を途中まで登ると「大徳寺焼餅」の看板が見えますので、こちらの階段を登ります。

大徳寺公園

階段を登ると大きなクスノキがあります。

写真右側の建物がさきほどご紹介した「梅ヶ枝焼餅老舗 菊水」です。

そのまままっすぐ進むと公園と神社があります。

ちなみに公園までの階段は、他にも2か所ありますので探検してみるのも楽しいです。(神社もあと1か所あります)

 

以上、大徳寺公園のご紹介でした。

Twitterもやっていますので、よろしければフォローお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる