【長崎市】稲佐山公園の遊具や駐車場を画像で紹介【スロープカー完成!】

【長崎】稲佐山公園へ行ってきた!【スロープカー完成!】

今回は、長崎市の稲佐山公園へ行ってきましたので、ご紹介します。

広い公園に大型遊具、ミニ動物園、野外ステージまであります。

また、中腹駐車場(公園のあるエリア)から山頂の展望台までを結ぶスロープカーも完成したので、実際に乗ってきた動画とあわせてご覧ください。

目次

【長崎市】稲佐山公園の概要

稲佐山からの夜景

標高333メートルの稲佐山公園は、長崎市のランドマークとして広く市民に親しまれています。山頂にある展望台からは、「鶴の港」と呼ばれる長崎港を見下ろすことができ、360度の大パノラマを満喫できます。

引用:長崎市ホームページ

長崎には山がたくさんありますが、一番有名なのは稲佐山です。(標高も1番高いです!)

稲佐山は夜景もキレイで、 世界新三大夜景に認定された絶景スポットでもあります。

【長崎市】稲佐山公園の遊具を画像つきで紹介

ここからは、稲佐山公園の遊具やアスレチックなどを画像つきでご紹介していきます。

稲佐山公園の遊具とアスレチック

まず、車で行かれる方は「中腹駐車場」に駐車してください。

駐車場のすぐ横が公園です。

駐車場からみた公園の画像は、下記です。

稲佐山公園

大型遊具は2つあり、幼児用と、小学生くらいの子用と、分かれています。

下記画像は、比較的小さな子(幼児)が遊んでいた大型遊具です。

稲佐山公園の大型遊具①

高さもそんなにないので、小さな子でもOK。

もうひとつの大型遊具は、下記です。

稲佐山公園の大型遊具②

こちらも高さはそこまでないですが、雲梯うんていもあるので小学生向けかなと思います。

※追記:先日久々に稲佐山公園へ行ったところ、大型遊具が新しくリニューアルしていました!(小さな子向けの方のみ)

めちゃくちゃキレイになっていたので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

下記が新しくなった遊具です、右側に見える黄色い台座のようなものは砂場です。(写真奥が中腹駐車場)

稲佐山公園の大型遊具がリニューアル①

下記は反対側から撮った写真です。

稲佐山公園の大型遊具がリニューアル②

ちなみに上記写真を撮ったのは2021年4月1日ですが、まだ真新しかったので最近リニューアルされた感じでしたよ!

大型遊具の横には、ターザンロープも設置されています。

稲佐山公園のターザンロープ

長崎市内で見かけたターザンロープでは、わりと距離があるかと思います。

スタート地点の階段も十分に高さがありますので、勢いがついてスピードも出ます。(なので小さなお子様は親がひっぱってあげた方が安全かもしれないです)

下記のような木馬系の遊具もありました。

稲佐山公園の木馬系遊具

こちらは完全に小さな子向けですね。

遊具のあるエリアには、大きな噴水もあります。

稲佐山公園の噴水

噴水の周りにはベンチがたくさんあるので、お昼やおやつを食べながらここで休憩できます。

ただ屋根がないので、真夏や風の強い日はツライかもしれないですね。

噴水の奥には、長いすべりだいもあります。(下記画像)

稲佐山公園のすべりだい

このすべり台は結構スピードがでますので、小さな子は大人と一緒に滑った方がいいと思います。

息子は4歳くらいからひとりで滑れるようになりました。

稲佐山公園のアスレチック①

先ほどのすべり台の奥にはアスレチックもあります。

こちらは、バランス感覚を鍛えるのにちょうどいいですね。

小学生くらいの子たちが遊んでいましたよ。

稲佐山公園のアスレチック②
稲佐山公園のアスレチック③

アスレチックは他にもたくさんありますので、ぜひチャレンジしてみてください。

稲佐山公園の売店

ちなみに大型遊具のあるエリア横には、売店と自販機もあります。

売店では軽食も購入でき、営業時間は10時〜17時(月曜休み)とありました。

ですが、私が行く日はなぜかいつも閉まっているので(笑)、もし公園で何か食べるならふもとの店で購入していくか、お弁当を持って行ったほうがいいかもしれません。

稲佐山には野外ステージもある!

ここまでご紹介してきた遊具やアスレチック・噴水のあるエリアから、さらに奥へと進むと、稲佐山野外ステージがあります。

稲佐山公園の野外ステージ

こちら正式には「野外音楽堂」という名称なのですが、このステージでは毎年「Sky Jamboree(スカイジャンボリー)」という野外フェスが開催されています。

青空の下で音楽を聴いて楽しむのもいいですよね。

Sky Jamboreeについては、Sky Jamboree|公式サイトをご覧ください。

他にも、長崎出身のさだまさしさん、福山雅治さん、私の大好きなMISIAさんなど、多数のアーティストの方々がここでライブをされています。

イベントが開催されていない時は開放されていますので、芝生の上を歩いてみるのも気持ちいいですよ。

お天気が良い日は、この芝生エリアでテントをひろげたり、ピクニックしてるご家族もいらっしゃいます。

中には、休憩中と思われるサラリーマンの方が、お昼寝してたりも(笑)

スポンサーリンク

【長崎市】稲佐山公園からスロープカーで展望台へ!

2020年1月31日、稲佐山中腹駐車場から山頂までのスロープカーが完成しました。

これまで山頂を目指すには、ロープウェイ・車・バス・タクシー・徒歩(!)の利用がほとんどでしたが、新たにスロープカーが加わったことで、より便利になりました。

ロープウェイの詳細については、長崎ロープウェイ|公式サイトをご覧ください。

スロープカーについては、先日運行初日に行ってきましたので、下記の動画をご覧ください。

※動画はいいから写真見たい、という方は下記へお進みください。

スロープカーの駅は中腹駐車場(稲佐山公園横)にあります。

稲佐山公園のスロープカー駅

駅の奥にはミニ動物園もありますので、公園に行く方はスロープカー駅裏手の動物たちもよかったらご覧ください。(餌やりもできます)

スロープカー駅は下記のような感じです。

稲佐山公園のスロープカー駅正面

運行初日に行ってきましたが、お花が飾ってありました。

稲佐山公園のスロープカー乗車券売機

スロープカーは有料ですので、こちらの券売機でチケットを購入しましょう(現金のみ)。

稲佐山スロープカーの料金

料金一覧表はこちら(下記表をタップすると拡大します)

稲佐山スロープカーの料金表
出典:長崎稲佐山スロープカー公式サイト
  • 保護者が同伴する1歳以上6歳未満の幼児は、保護者1人につき1人が無料
  • 障害者手帳、療育手帳等をご呈示の方は割引あり
  • 盲導犬、介助犬、聴導犬は同伴可能

ちなみに私が乗った時は、大人+5歳児だったので、大人料金1人分のみでOKでした。

スロープカーの運行時間

駅の中のモニターで、発車時間を確認します。

稲佐山スロープカーの運行案内

運行時間は、

  • 9:00~18:00:20分間隔
  • 18:00~22:00:15分間隔

となっています。

スロープカーは、下記のような乗り物です。

スロープカー駅の乗り場の様子は下記です。

稲佐山スロープカー駅乗り場

夜に行くとかなり雰囲気もよくてオシャレですよ。

稲佐山スロープカー内部

スロープカー内の様子。

基本的に立って乗るスタイルです。(片道8分)

発車する時と、到着した時に少し揺れますが、基本ゆっくり動くので立ってても大丈夫だと思います。

稲佐山展望台

スロープカー駅から展望台まではバリアフリーになっていますので、車いすの方やベビーカーの方も利用できます。

ちなみに展望台にはレストランもあります。

稲佐山ひかりのレストラン

世界新三大夜景を見ながらお食事できます。

稲佐山ひかりのレストランのトルコライス

私はトルコライスを頼みました。

お子様ランチもありましたので、メニューの詳細などは稲佐山山頂展望台|ひかりのレストランをご覧ください。

※追記:ひかりのレストランは2021年3月21日をもって閉店となりました!

食事を終えて、展望台屋上から夜景も見てきました。

稲佐山展望台からの夜景

キレイですよねぇ。デートにもピッタリ。

ちなみに「デートで稲佐山へ行くと別れる」とかいう噂が昔ありましたが、私は旦那と結婚したので迷信ですよ。

カップルの方はお気になさらず、思う存分デートしてきてくださいね。

スポンサーリンク

【長崎市】稲佐山公園へのアクセス

稲佐山公園の場所はこちら↓

バスで行く方は、「長崎駅前」バス停より長崎バス5番系統(稲佐山行)に乗車して、終点「稲佐山バス停」で下車です。(約20分/料金は190円)

車で行く方は、中腹駐車場(無料/500台)か、山頂駐車場(有料/40台)を利用できます。

公園を利用する方や、野外ステージに行く方、スロープカーに乗って山頂まで行きたいという方は、中腹駐車場に停めてください。(9時〜22時まで)

山頂駐車場(24時間OK)は、よほどの用事がない限りは行かないです(地元民の勝手なイメージ)。

ちなみに、バス停は中腹駐車場近くにありますよ!

以上、長崎市稲佐山公園の遊具やアスレチック、野外ステージとスロープカーのご紹介でした。

スポンサーリンク
【長崎】稲佐山公園へ行ってきた!【スロープカー完成!】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる