【長崎市】諏訪神社へお参りに行ってきた!【長崎くんち】

こんにちは、あやけろ(@ayakerocom)です。

 

今回は、長崎市の諏訪神社へ行ってきましたので、ご紹介します。

初詣・七五三・厄払い・結婚式など、長崎市民に古くから親しまれている神社です。

目次

概要

まずは諏訪神社の御祭神と由緒をご紹介します。

当神社は鎮西大社と称えられる長崎の総氏神様です。
諏訪・森崎・住吉の三社がおまつりされ、 厄除け・縁結び・海上守護の神社として崇敬されています。

長崎は、戦国時代にイエズス会の教会領となり、かつて長崎市内にまつられていた諏訪・森崎・住吉の三社を、寛永2年(1625)に初代宮司青木賢清によって、西山郷円山(現在の松森神社の地)に再興、長崎の産土神としたのが始まりです。

さらに、慶安元年(1648)には徳川幕府より朱印地を得て、現在地に鎮西無比の荘厳な社殿が造営されました。
安政4年(1857)不慮の火災に遭い、社殿のほとんどを焼失しましたが、孝明天皇の思召しにより、明治2年(1869)に約十年の歳月をかけて以前に勝る社殿が再建され、さらに、昭和59年の御鎮座360年祭、平成6年の370年祭を記念して、二度の造営を行い現在の社殿が完成されました。
当神社の大祭(長崎くんち 10月7・8・9日)は、絢爛豪華で異国情緒のある祭として日本三大祭の一つに数えられ、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

引用:鎮西大社 諏訪神社ホームページ

長崎には神社やお寺がたくさんありますが、教会もたくさんありますのでよく「異国情緒あふれる街並み」と形容されたりします。

境内を散策

さっそく神社へ。

参道はとにかく階段が多いですので、歩いて行く方は歩きやすい靴がいいかも。

諏訪神社

駐車場を利用される方は、横手に見えるこの階段をあがります↓

諏訪神社

車で行くと階段を半分ほどショートカットできます。

上まで行くと拝殿が見えてきます。

拝殿

諏訪神社

拝殿の前にも階段があります。

諏訪神社

拝殿横にはおみくじがあります。

諏訪神社には狛犬もたくさんありますので、順番に見ていきましょう。

狛犬を巡る

拝殿を囲むように狛犬がありますので、ぐるっと回ってみます。

諏訪神社

敷地は広いです。

諏訪神社

正面向かって左の方へ進むと、なにやらハートの看板が。

縁結びの名所だそうです。

 

ここから先は狛犬を巡るのですが、少し時間がかかるので不安な方は先にトイレを済ませましょう。

諏訪神社

ハートの石がある場所から坂を上るとトイレがあります。(トイレはここだけのようです。)

 

諏訪神社

拝殿をぐるっと囲むように裏手に進んでいくと、第一狛犬発見。

こちらは止め事成就の狛犬です。

諏訪神社

看板の下の箱に、白いコヨリが入っています。

コヨリを狛犬の足に巻くといいそうです。

次はこちら。

諏訪神社

狛犬の口から水が出ています。

諏訪神社

安産に効き目のある水だそうです。

あと、この水でお金を洗うと倍に増えるらしいです。

そして次はこちら。

諏訪神社

願掛け狛犬です。

こちらの狛犬はなんと、くるくる回ります。

実際に回してみると、意外と軽い力で回りました。

そして次はこちら。

諏訪神社

トゲ抜き狛犬です。

「心に突き刺さっているトゲを狛犬に抜いてもらってください」とのこと。

口の中に手を触れるといいそうです。

 

この他にもまだ狛犬がありますので、ぜひ散策されてみてください。

玉園稲荷神社

狛犬を巡っているとなにやら階段を見つけました。

諏訪神社

こちらは玉園稲荷神社への階段です。

諏訪神社

階段上からの眺め。

諏訪神社

こちらは玉園稲荷神社への参道です。

奥へ進みます。

諏訪神社

玉園稲荷神社です。

商売・漁業関係の方から信仰されているそうです。

諏訪神社

左奥に大きな岩がありました。

こちらは厄難除け蛙岩という名前です。

1982年の長崎大水害の時、この岩のおかげで社殿が守られたと書いてありました。

長崎大水害(昭和57年7月豪雨)は、死者・行方不明者299人を出した記録的な災害です。

 

境内の散策は以上です。

長崎くんちと長坂

諏訪神社では、毎年10/7~10/9に「長崎くんち」という例大祭が行われます。

長崎くんちは国の重要無形民俗文化財に指定されています。

このようなお祭りです↓

踊町になった町が、それぞれの演し物を奉納します。

動画内で踊りが奉納されていた会場はこちら↓

諏訪神社

この階段は長坂と呼ばれています。

長崎くんちを観るならここが一番の特等席だと思います。

通常、桟敷席は有料ですが、長坂は無料です。(ただし抽選。倍率は高め)

ちなみに長坂は、毎年こどもの日には「長坂のぼり大会」の会場にもなります。

参加者(小学生以下)が一番札を目指して階段をかけあがります。

 

長崎くんちの詳細についてはこちら→長崎伝統芸能振興会

アクセス・駐車場

諏訪神社の場所はこちら↓

【駐車場】
普通車20台、大型バス5台駐車可能です。
大型バス駐車をご希望の方は事前にご連絡下さい。
※正月・11月祝祭日等お祓・ご祈祷の多いシーズンには駐車できない場合があります。
この場合は公共交通機関のご利用または最寄の駐車場のご利用をいただきますようにお願いします。

【お車の場合】
日銀前交差点から日本銀行長崎支店方向へ。
突き当りを右折。
直進すると左手に案内板が見えますので左折して下さい。
長崎芒塚・出島インターチェンジより約10分

【路面電車の場合】
「諏訪神社」電停で下車、地下道で神社の参道へ出ます。

引用:鎮西大社 諏訪神社ホームページ

立体駐車場もあります↓

諏訪神社

日銀前から右折すると、道が細くなりますのでお気をつけください。

駐車場は無料でした。

鎮西大社 諏訪神社 | 【公式】オフィシャルサイト

諏訪神社のすぐ隣には長崎公園があり、お食事処もあります。

詳しくは「【どうぶつひろば】長崎公園へ行ってみた!【月見茶屋】」をご覧ください。

今回は以上です。

少しでも参考になると嬉しいです。

Twitterもやっていますので、よろしければフォローお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる