七ツ釜鍾乳洞のイベント「光の鍾乳洞」へ行ってみた!|長崎県西海市

こんにちは、あやけろ(@ayakerocom)です。

 

今回は、家族で七ツ釜鍾乳洞へ行ってきましたので、写真と一緒にご紹介します。

ところで、ご存じでしたか?

七ツ釜鍾乳洞の中は、夏も冬も快適なんですよ。

鍾乳洞内の温度はなんと、1年中15℃前後に保たれており、大変過ごしやすいです。

夏は涼しく、冬もそんなに寒くない程度です。

もちろん雨の日でも入洞してOKです。

そして現在、七ツ釜鍾乳洞では「光の鍾乳洞」というイルミネーションのイベントを開催中。

期間は令和元年12月14日(土)~令和2年3月15日(日)までです。

目次

概要

七ツ釜鍾乳洞とは・・・

約3000万年前海底より隆起して出来た七ツ釜鍾乳洞群は、その材質と生成年代の新しさで他の鍾乳洞とは全く異なる特徴を持つ、世界でも稀な鍾乳洞です。
見学可能な天然記念物保護洞・清水洞を中心としたエリアには35か所の洞穴が発見されており、今なお、その全容を確認できていない長大な鍾乳洞群です。
また、洞内は通年15℃前後に保たれ、洞の奥に湧き出る澄んだ湧水の流れと伴に清浄な空気に満ちた空間を創りだしています。

引用:さいかいシティ.ねっと

なんと「今なお、その全容を確認できていない・・・」とのことです。

冒険心をくすぐられます。

入口~鍾乳洞内を探索

鍾乳洞内へは、受付をすませてからの入洞となります。

まずは、駐車場から見える茶色の建物へ入っていきます。

入口・受付

七ツ釜鍾乳洞

こちらが受付のある建物の入り口です。

七ツ釜鍾乳洞

建物の中は、受付・お土産物・トイレがあります。

当たり前なんですけど、鍾乳洞内はトイレはありませんので先に行っておいた方がいいかもです。

七ツ釜鍾乳洞

受付を済ませたら、こちらのドアから入場です。

七ツ釜鍾乳洞

扉を開けると、いったん外へ出ます。

七ツ釜鍾乳洞

奥へ進むと小さな橋が見えますので、ここから中へ入ります。

この橋は、雨の日は大変滑りやすくなっていますので、ご注意を。

七ツ釜鍾乳洞

いざ、鍾乳洞の中へ。

鍾乳洞内

七ツ釜鍾乳洞

入ってからしばらくは平坦な道ですが、この後どんどん険しくなります。

七ツ釜鍾乳洞

いたるところで、水が絶え間なく流れています。

七ツ釜鍾乳洞

鍾乳洞内にはいたるところに看板もたっていて、詳しく解説が書いてあります。

ちなみにこの写真の看板は・・・

七ツ釜鍾乳洞

「新世界・清水の滝」と書いてありました。

また看板の横にあるインターホンは緊急連絡用です。

インターホンもいたるところにあります。

七ツ釜鍾乳洞

こちらは親子地蔵とありました。

写真の左上にある石筍が、お地蔵様のように見えます。

七ツ釜鍾乳洞

階段が多いので、滑らないように歩きましょう。

七ツ釜鍾乳洞

大人ひとりがやっと通れるくらいの幅です。

背の高い方は頭上にもご注意を。

七ツ釜鍾乳洞

奥の青い光が幻想的です。

七ツ釜鍾乳洞

道のすぐ横は川のようになっていました。

しばらく進むと・・・

七ツ釜鍾乳洞

看板を発見。次は大石柱だそうです。

この看板を背にして真上を見ると、大きな柱が見えました。

七ツ釜鍾乳洞

写真だと少し伝わりづらいのですが、4mの柱は迫力満点でした。

七ツ釜鍾乳洞

頭を打たないように気をつけて登っていきます。

七ツ釜鍾乳洞

階段の途中でこちらの看板を発見。なんと地底探検ツアーも体験できるとのことです。(要予約)

七ツ釜鍾乳洞

階段がふたてに分かれていました。

左は出口、右は金明の滝へ。

もちろん右へ。

七ツ釜鍾乳洞

フェンスの中をのぞくと・・・

七ツ釜鍾乳洞

こちらが金明の滝だそうです。(道はここで行き止まりでした)

さきほどの、階段がふたてに分かれているところへ戻り、出口を目指します。

イルミネーション(期間限定)

現在、七ツ釜鍾乳洞では期間限定で「光の鍾乳洞」というイベントが実施されています。

期間は令和元年12月14日(土)~令和2年3月15日(日)まで。

出口へと続くトンネルの中がキラキラしていました。

七ツ釜鍾乳洞

ワクワクします。

七ツ釜鍾乳洞

ちなみに、こちらのトンネル内では・・・

七ツ釜鍾乳洞

メッセージカード付のオリジナルオーナメントを飾ることができます。

オーナメントはハート・星・ボール型の3種類(大¥300・小¥200)。

受付にて販売しています。

七ツ釜鍾乳洞

こちらのハートの前には、スマホを固定する台がありますので、自撮り可能です。

七ツ釜鍾乳洞

とてもキレイですね!

こちらのトンネルを抜けると、外へ出ます。

出口

七ツ釜鍾乳洞

鍾乳洞内は15℃前後に保たれているので、外に出ると肌寒かったです。(この日は気温10℃を下回る12月でした)

七ツ釜鍾乳洞

出口を外からみるとこんな感じです。

七ツ釜鍾乳洞

出口をでてすぐ右手には、資料館があります。

七ツ釜鍾乳洞

資料館をでて進んでいくと、大きな岩があったり、

七ツ釜鍾乳洞

雄大な自然を感じることができます。

出口からの下り坂を下まで降りると、最初のスタート地点に戻ります。

七ツ釜鍾乳洞

七ツ釜鍾乳洞のご案内は以上です。

アクセス

七ツ釜鍾乳洞はこちら↓

入園時間や入洞料などの詳細は公式サイトへ↓

七ツ釜鍾乳洞|さいかいシティ.ねっと

先ほど写真でご紹介した地底探検ツアーの詳細は「地底探検ツアー|さいかいシティ.ねっと」をご覧ください。

広い駐車場もありました(無料)。

いつか地底探検ツアーを体験したら、またこの記事を更新したいと思います。

今回は以上です。

Twitterもやっていますので、よろしければフォローお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる