【中古住宅】物件購入の流れ【失敗を回避するためには?】

【中古住宅】物件購入の流れ 【失敗を回避するためには?】

今回は、中古住宅を購入したあとの流れや、購入後にやるべきことなどをご紹介します。

家を買うって多分人生で1回きりの大きな買い物ですよね。

なるべくトラブルを回避して、できるだけ失敗のないように備えておきたいものです。

また中古住宅を購入した後に、リフォームを考えている方もいらっしゃると思いますが、

リフォームっていっても具体的にどんな手順で進んでいくのか、イマイチよくわからないですよね。

そこで今回は、我が家の例を参考に、物件を購入したあとの流れをご説明いたします。

また物件購入後に「気づいたときには遅かった・・・」とならないための、物件の売買契約前にチェックしておくべき注意点も合わせてご紹介します。

目次

物件購入の流れ

まず中古住宅を購入した後の流れは下記です。(株式会社アネストブレーントラストさんのサイトを引用させていただきました。)

契約前

契約前の準備
  1. 売主へ購入の申し込みをする
  2. 契約日および契約条件を調整する
  3. 住宅診断(ホームインスペクション)を利用する
  4. 重要事項説明書と売買契約書を事前チェックする
  5. 手付金を準備する

不動産会社を仲介する場合がほとんどだと思うので、簡単にご説明しますね。

まず不動産から売り主さんへ「物件を買いたい人がいますよ」と連絡してもらいます。

OKでしたら契約へ進んでいきます。

契約前は、不安に思っていることや些細な疑問でもいいので、全て質問して解決しておきましょう。

住んだあとに不具合が見つかると、「あの時に聞いておけばよかった・・」と後悔します(体験談)。

それから住宅診断(ホームインスペクション)とは、 住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所などを事前に調べることです。

住宅診断は、気になる方は調査を依頼するとOKです。(費用は自己負担)

ちなみに我が家は受けませんでした。

あとは住宅ローンを組むなら、頭金を準備しておきましょう。

いよいよ契約!

売買契約の流れ
  1. 不動産会社より重要事項説明を受ける
  2. 売買契約を締結する
  3. 融資(住宅ローン)の申込書類を準備する

不動産の方から重要事項説明書について説明があると思いますので、しっかり話を聞いておきましょう。

契約後は、ローンの申し込みです。

契約時はなにかと慌ただしくなりますが、ひとつひとつ丁寧に対処していきましょう。

契約後は?

契約後から入居まで
  1. 買主が金融機関に融資(住宅ローン)の申し込みをする
  2. 金融機関から融資承認の連絡がある
  3. 引渡し日の日程調整を行う
  4. 司法書士に必要書類を送付する
  5. 引渡し・残代金の支払い・登記手続きを行う
  6. 入居する

ローンの申請がおりたら、いよいよ入居です!

司法書士に送付する書類などは、不動産の方からも説明があると思います。

と、ここまでが「中古住宅を購入して入居するまで」です。

中古住宅をリフォームして住むなら、以下の手順で進めていきます。

リフォームの流れ

住む前にリフォームする場合、リフォームは物件の引き渡し後に行います。

なので売買契約も住宅ローンも、全て申請した後になります。

ここで我が家の例を参考に、具体的な流れを説明します。

リフォームの流れ
  1. 契約前にリフォーム業者さんと内見する
  2. リフォーム計画をたてる
  3. 見積書を出す
  4. 物件費用とリフォーム代を一緒にローン申請
  5. 物件契約→引き渡し後すぐに工事開始

あらかじめリフォーム業者さんを決めておいて、一緒に内見してどんな風にリフォームするのかをある程度決めておくとOKです。

それからリフォームするのなら、引っ越し前の家賃と、購入した家のローンと、二重に払わなければならない期間が出てきます。

なのでなるべく工期が少なくて済むように、引き渡し後はすぐに工事を始められるように手配しておきましょう。

失敗しない物件選び

チェック項目

ここだけは見ておいた方がいい!という箇所をピックアップしました。

チェック項目チェック内容
雨洩り天井や壁にシミはないか。家具を動かしたり天井裏もできれば確認
耐震構造1981年以前の旧耐震基準の物件は耐震診断・補強していればOK
傾きがないか、重りをつけた糸などを垂らしてチェックする
外壁・基礎外壁や基礎部分にひび割れ、表面のはがれ、雨垂れのシミはないか
床・スラブ厚厚さや防音フローリングなど音対策の有無。リフォームの制約など

上記のチェック項目はSUUMOより引用させていただきました。

SUUMOには他にも、

  • 給排水管のつまり
  • 換気扇の吸い込み
  • 空調方法・・・

などのチェック項目がありましたが、これらは正直住んでみないとわからないかな、と思います。

ここまで調べておきたいなら、前項でご紹介した住宅診断(ホームインスペクション)をオススメします。

トラブルを防ぐには?

トラブルを防ぐ方法ですが、これはもう契約前に不動産の方に聞くしかないかなと思います。

あちらにも説明の義務がありますので、聞けばわりと何でも答えてくれるはずです。

個人的に中古物件を買う時に一番気にした方がいいのは、前の居住者です。

  • なぜこの家は売りに出されたのか?
  • 前の住人はどんな人だったのか?
  • どれくらいの期間住んでいたのか?
  • どれくらい家を大切にしていたのか?

など、わかる範囲でいいので聞いてみてください。

前の居住者がどれだけ家に手を入れていたかで、家の傷み具合も全然違います。

まとめ

中古住宅の物件購入の流れについてご紹介しました。

失敗を回避するための方法は、自分の経験から「ここだけは見ておいた方がいい」という項目だけをまとめました。

中古住宅を購入した感想、実際のリフォームについては下記をご覧ください。

あわせて読みたい
【平屋】中古の一戸建てを購入して住んでみた感想【築40年】
【平屋】中古の一戸建てを購入して住んでみた感想【築40年】今回は「築40年の平屋、中古一戸建て」を購入し、実際に住んでみて3年たったので感想などをまとめました。この記事は主に、中古の一戸建てのメリット・デメリットは?...
あわせて読みたい
中古住宅をリフォームして住んでみた!【費用や失敗談について】
中古住宅をリフォームして住んでみた!【費用や失敗談について】今回は「築40年の中古住宅をリフォームして住んでいる件」についてです。先日、【平屋】中古の一戸建てを購入して住んでみた感想【築40年】という記事で、「窓と玄関以...
【中古住宅】物件購入の流れ 【失敗を回避するためには?】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる