格安SIMにして年間6万円を節約!【知識0からUQへ乗り換えた話】

格安SIMにして年間6万円を節約!【知識0からUQへ乗り換えた話】

こんにちは、あやけろ(@ayakerocom)です。

今回は格安SIMの話です。

私は2年前までずっとドコモユーザーでした。

ドコモは大手企業だし、契約者も多いし、信頼できると思って20年近くずっとドコモでした。

しかし引きこもり主婦の私の耳にも、格安SIMに乗り換えると料金が安くなるらしいという情報が、チラチラと入ってくるようになりました。

でもずっと聞こえないフリをしてました。

だって手続きとか乗り換えとか面倒くさそうだし、電話さえできればいいやと思ってました。

しかし2年前、重い腰をあげて格安SIMのUQモバイルへ乗り換えたところ、なんと年間6万円、2年で合計12万円の節約になったことがわかりました。

節約の内訳は下記の通りです。

  毎 月 年 間
大手キャリア(ドコモ) 8,000円 96,000円
格安SIM(UQモバイル) 3,000円 36,000円
差 額 5,000円 60,000円

 

月8,000円だったスマホ代が、月3,000円になりました。

そして年間で6万円、2年でなんと計12万円の節約になりました。

(最近UQモバイルの料金プランが変わりまして、今はさらにオトクになっています。)

2年前の私は、格安SIMについてなんの知識もなく、乗り換えのこともよくわかっていませんでしたが、

知識ゼロでも意外となんとかなったので、今回は私のような初心者の方へ向けて、格安SIMについて解説していきたいと思います。

この記事は、こんな方にオススメ!
  • 格安SIMにしたいけど、よくわからない
  • なんか手続きが面倒くさそう・・・
  • スマホ代、安くしたいけど何からはじめていいかわからない
  • 格安SIMって電波はどうなの?つながるの?
  • ていうか、SIMってなに?!
目次

格安SIMはどこにしよう?

SIM

SIMって何?

まずは、「そもそもSIMって?」という方のために解説しますと、SIMとはICカードのことです。

上記の写真が、SIMカードです。

スマホで電話をかけたことがあるなら、あなたのスマホにも入っています。

SIMカードをスマホに入れると、電話が使えたり、Wi-Fiがなくてもインターネットができます。

(SIMカードには2種類あって、電話+ネットができるタイプと、ネットのみできるタイプがあります。)

まずは、格安SIM会社と大手キャリの違いについて見ていきましょう。

格安SIM会社のメリット・デメリット

まず格安SIMにするとどうなるか、下記の表をご覧ください。

  格安SIM 大手キャリア
料金 安い(約1,000円/月~) やや高い
通信速度 時間帯によって遅い時がある 基本、速い
店舗数 少ない 多い

 

格安SIMに乗り換える1番のメリットは、月々の料金が安くなることです。

というか、料金が安くなることが最大にして唯一のメリットかもしれません。

格安SIMのデメリットもご紹介しますね。

例えば通信速度については、お昼休みなど多くの人がアクセスする時間帯は繋がりにくくなったりします。

そして店舗数も少ないです。

大手キャリアだと店舗数が多いので、何かあった時のサポートがすぐ受けられます。

あと格安SIMにすると、キャリアメールが使えなくなります。

キャリアメールとは
  • ~@docomo.ne.jp
  • ~@ezweb.ne.jp
  • ~@softbank.ne.jp

このような文字がついているメールアドレスのことです。

なので事前に、GmailやYahoo!メールなどの無料で使えるフリーメールを準備しておきましょう(UQモバイルでもメールアドレスは取得できますが有料です)。

ここまで読んでみて、次のような方は大手キャリアのままでOKかもです。

  • 何かあった時に相談できる窓口がたくさん欲しい
  • 面倒な手続きや細かいことは無理そうかも
  • メールアドレスが変わるのは困る!

スマホ利用が不安な方は、サポート窓口がたくさんあるという事実だけでも安心できると思うので…。

ただ個人的には、手続きさえ終わればあとはすごくおトクになるのになぁ…とも思いますので、ここからは格安SIMの選び方をご紹介します。

格安SIMってたくさんあって選べない

いま、格安SIMの企業はたくさんあります。

格安SIMを提供している企業のことを「MVNO」といいます。

以下が、主なMVNO企業です。

主なMVNO企業
  • 楽天モバイル
  • UQモバイル
  • BIGLOBE(ビッグローブ)
  • Y!mobile(ワイモバイル)
  • mineo(マイネオ)
  • IIJmio(みおふぉん)
  • LINEモバイル
  • イオンモバイル
  • nuroモバイル
  • LinksMate(リンクスメイト)
  • HISモバイル
  • ロケットモバイル
  • HISモバイル ・・・などなど

まだまだあるんですけど、キリがないのでこれくらいで…

でも、聞いたことある・見たことある名前がどれか1つはあったのではないでしょうか。

とはいえ「こんなにたくさんあるんじゃ、どこを選んだらいいのかわからないよ!」という方もいらっしゃると思いますので、

私なりの選ぶ基準についてご提案しようと思います。

ここからはあくまで私の基準なので、参考までに。

格安SIMを選ぶ基準とは

格安SIMを選ぶ基準ですが、私の場合は、

  • 料金プラン
  • 通話時間
  • 通信速度

この辺りを意識して選んだ結果、UQモバイルが最も適していたので現在も使っています。

比較検討では、格安SIMカード比較|価格.comなどを参考にしました。

はっきり言って料金に関しては、UQモバイルよりももっと安い格安SIMはあります。

しかし通信速度に関しては、格安SIMの中でもUQモバイルは速い方だと思います。(UQモバイルは、auの回線を使用しています。)

例えばスマホで調べものをしようと思った時、表示される速度が遅いと地味にストレスですよね。

格安SIMに変えた当初は速度の面で不安だったのですが、UQモバイルで2年使ってみて今のところ遅いと感じたことは1度もありません。

あと、私はたまに電話をかけるので通話のオプションも調べたところ、UQモバイルには「最大60分/月の国内通話が定額」になるオプションや、10分かけ放題のオプションなどがあったので、そこも選んだポイントです。

>>UQ mobile│公式サイト

UQモバイルのスマホプラン

参考までに、 UQモバイルの基本プランはこちら↓

 
月額料金 1,980円 2,980円 3,980円
データ容量(月) 3GB 9GB 14GB
通話料 20円/30秒

 

最近新しくプランが変わってさらに安くなりました。

UQモバイルの料金プランはとてもシンプルで、わかりやすいです。

データ容量が余った月は、翌月へ繰り越されます。

ショートメールを送信すると1通につき3円かかります。

それと別途、ユニバーサルサービス料(2円/月)がかかります。(2020年1月現在)

UQモバイルの通話オプション

通話オプションはこちら↓

  時間 オプション料(月)
たっぷり電話したい方 国内通話かけ放題(24時間いつでも) 1,700円
短時間の電話が多い方 国内通話10分かけ放題 700円
ときどき長電話する方 国内通話が最大60分 500円

私はSプランに通話オプション(国内通話60分)をつけていますので、

1,980円(Sプラン) + 500円(通話オプション) = 2,480円(税抜)になります。

(通話に関しては最大で60分のオプションなので、60分を超すと20円/30秒かかります。)

通話は受けるばかりで基本的にはかけないし、自宅のWi-Fiをよく使うのでデータ容量もそんなに要らないという方は、通話オプションは不要だと思うので、プランSの 1,980円/月のみでOKです。

UQモバイルのデータプラン

なお「電話は、LINE電話で十分だよ」という方には、データのみのプランもあります。

データ高速プラン(3GB) 980円/月
データ無制限プラン 1,980円/月

 

ここまで基本的な料金プランをご紹介しました。

(データ高速プラン(3GB)は、3GB超えても通信できますが速度が遅くなります。)

UQモバイルの料金詳細については、料金・サービスもあわせてご覧くだ

>>料金・サービス│UQモバイル公式

それと、ここまでご紹介した料金は、基本のプランや通話オプションのみです。

新しく機種を購入する方は、別途、機種代が加算されます。

機種を一括で購入する方や、SIMフリーのスマホでそのまま乗り換える方は除きます。

乗り換えって何からやるの?

ここからは、私が行った乗り換えの方法をご紹介します。

冒頭でも書いたように、私は格安SIMについての知識ゼロでしたので、家電量販店へ行って契約しました。

UQモバイルを扱っている電気屋さんは2年前でも結構あったので、わからないことは店員さんに聞きました。

そして、ほとんどお店の方にやっていただきました(笑)。

現在は、わが街長崎市にもUQスポット(UQのお店)ができましたので、おそらく全国規模でUQスポットが増えてきていると思われます。

なので、私のように「何もわからないけどスマホ代を安くしたいんだ!」という方は、お店へ行って直接話を聞いてみましょう。

またUQ公式サイトのお客様サポートも、私が使用してきたここ2年の間で劇的に進化しています。

パソコンからですと、オペレーターとチャットしながら問題解決できちゃいます。

なので、店頭で買うのはなぁ…という方は、ネットでSIMカードを買って、公式サイトの手順を見ながら設定できると思います。

>>UQモバイル公式サイト

ただご注意いただきたいのが、SIMロックとキャンペーンです

SIMロックを解除しよう

SIMロックとは、特定の企業のSIMカードしか使えない状態のことです。

例えばSIMロックがかかっているドコモのスマホで、そのままUQへ乗り換えようとしても、ロックがかかっているとUQのSIMカードが使えません。

最近はSIMフリーといって、最初からロックがかかっておらず、どの企業のSIMカードでも使える機種が増えています。

なので、SIMがロックされている状態の方は、乗り換える前にまずロックを解除しないといけません。

手順はUQモバイル|乗り換えガイドに詳しく書いてありますので、参考にしてください。

なお、電話や店頭でもロック解除できます。

例えば、ドコモだと「ドコモインフォメーションセンター :0120-800-000」へ電話するか、もしくはドコモショップで解除できます。

ネットを見ながら自分でやると無料ですが、電話や店頭だと有料ですのでご注意を。(ドコモだと手数料3,000円です)

キャンペーンはネットとお店で違うので注意

UQのSIMカードはネット(公式サイト)から買う方法と、UQスポットや家電量販店で買う方法の2パターンありますが、

ネットとお店では、キャンペーン内容が違います。

たとえば、公式サイトから買うと事務手数料3,000円が無料になるキャンペーンがあったり、

お店の場合だと独自のキャンペーンを展開していたりします。

時期や適用期間も全然違うので、キャンペーンについては事前に調べておきましょう。

ちなみに公式サイトのキャンペーンは、UQモバイルのトップページにドーンと表示されていることが多いですよ。

まとめ

今回は、UQモバイルにして年間6万、2年で12万円を節約した話でした。

おそらく私のように「格安SIMにしたいんだけど、どうしたらいいかわからないんだよねぇ」と躊躇されている方も多いと思います。

なので最初のうちは、わからないことはお店の方へ聞いてみるのが早いと思います。

でも本当にオススメなのは、自分で調べてみることです。

ここ10年程でスマホはかなり進化しましたよね。

格安SIMについてもそうですが、これからの未来は、知らないと損するようなことがたくさんでてくると思います。

なので、自分から情報を探すことも大切になってくるかもしれません。

ぜひ格安SIMに乗り換えることをきっかけに、未来への第一歩をふみだしてみてはいかがでしょうか?

以上、格安SIMにして年間6万、2年で12万円を節約した話でした!

>>UQモバイル公式サイト

Twitterもやっていますので、よろしければフォローお願いします。

格安SIMにして年間6万円を節約!【知識0からUQへ乗り換えた話】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる