中古住宅をリフォームして住んでみた!【費用や失敗談について】

こんにちは、あやけろ(@ayakerocom)です。

今回は「築40年の中古住宅をリフォームして住んでいる件」についてです。

先日、【平屋】中古の一戸建てを購入して住んでみた感想【築40年】という記事で、「窓と玄関以外、すべてリフォームしました」と書きました。

なので、今回はリフォームに焦点を当てた記事をまとめました。

この記事は主に、

  • 中古住宅ってそもそもリフォームが必要?
  • リフォーム費用はいくらかかるの?
  • ここもリフォームしとけばよかった!的な失敗談

上記3つを中心に、我が家の例を参考にしています。

目次

中古住宅ってそもそもリフォームが必要?

まずは、そもそもリフォームってやらなきゃいけないの?という話ですが、

中古住宅を購入されるのでしたら、リフォームはやった方がいいです。

また現在、持ち家に住んでいる方も「ここは修理した方がいいかな?」と思う箇所があれば、修理(リフォーム)した方がいいと思います。

家って、住んでいる内にどんどん消耗していくんですよね。

家に限らず、形あるものはなんでもそうですが、定期的なメンテナンスをしてあげると、なんでも長持ちしますよね。

家はずっと住むものですし、そう簡単に買い替えたり、手放せるものではありません。

なので、メンテナンスをしつつ必要なら修理・部品交換をしてあげると、家も長持ちします。

とはいえ、我が家は築40年です。

「そんなに古い家を買って大丈夫だったの?」と言われそうなので、補足しておきます。

今の家は、私たち家族が購入する1年半前まで、売主の方が長年住んでいた家でした。

その方はわりとマメな方だったようで、家の中にはいくつか修理・補強した跡があり、シロアリ対策にも抜かりない方だったようです。

契約前に床下を見てくれた業者さんから「定期的にシロアリ対策されてたようですね」と言われ、

屋根裏や柱を見てくれた大工さんにも「築年数のわりには状態がいいですよ」と言われました。

家って、大事に住むと長持ちするんだなと実感しました。

よく神社やお寺も、木造なのに何百年も長持ちしていますよね。

家も同じことなんだと思います。

費用はいくらかかるの?

とはいっても、なかなかリフォームに踏み切れない方も多いと思いますので、費用についてご紹介します。

正直な感想として、どこまで手を入れるかで全然変わってきます。 例えばトイレのリフォームですが、ザックリと段階を分けると下記です。

  1. 便座を交換する(温水洗浄便座など)
  2. 便器ごと交換する
  3. 和式トイレを洋式トイレにする
  4. トイレを節水型の最新式にする
  5. トイレを節水型の最新式にして、壁紙と床も張り替える

1→5に行くほど、費用がかかります。

また、選ぶトイレのグレードでも金額が違ってきます。

標準的なトイレから、節水型の最新式まで、トイレにもグレードがいくつもあります。

要は「どこまでリフォームするか・何を選ぶかで費用が全然違う」ということです。

ちなみにオリコン顧客満足度ランキングによると、リフォームの人気施工箇所TOP10は下記です。

  1. トイレ
  2. 浴室
  3. キッチン
  4. 洗面所
  5. 外壁
  6. 屋根
  7. リビング・ダイニング・居間
  8. 内装
  9. 窓・ドア・建具
  10. 玄関

水回りは使用頻度が高く、劣化も早いため上位となっています。

おそらく初めてリフォームをする方は、漠然としたイメージしか湧かないと思うので、まずは見積もりを出してもらうことをオススメします。

トイレの便器がいくらするかなんて普通はわからないですし、どのグレードなら設置可能なのかもわからないので、専門家に見てもらいましょう。

見積りが出たらおおまかに予算を決めて、そのあとでグレードを選ぶとかでもいいと思います。

トイレ以外にも、キッチン、浴室、外壁などほとんどの商品にはグレードがあるので、選択肢はわりと多いです。

ここもリフォームしとけばよかった!的な話

ここからは、リフォーム失敗談です。

窓!窓!窓!

我が家は、窓と玄関以外はすべてリフォーム済です。

なぜ窓と玄関はリフォームしなかったのかというと、予算オーバーだったからです。

まず窓に関してですが、最近の窓は、外壁を崩すことなく交換できるタイプもあります。

しかし我が家の場合は、外壁を崩さないと交換ができないタイプだと言われました。

そのため費用もかかり、外壁工事にかかる期間も長くなるということで断念しました。

しかし今さらながら「窓もやっとけばよかった・・・」と後悔しています。

後悔している理由は下記です。

  • 冬は寒い
  • 鍵が固くて閉めにくい
  • 生活音が漏れる
  • 外の音もよく聞こえる

古い窓なら、どれもあるあるですね。

実際に生活してみてわかったことなのでなんとも言えないですが、わりと後悔しています。

窓のリフォームに関しては、今後複数の業者さんにあたってみて、見積りを出してもらおうと思っています。

リフォーム業者さんの選び方

最後に肝心のリフォーム業者さんですが、我が家は地元の知り合いの方にお願いしました。

知り合いなら安心だと思っていたのですが、思わぬ弊害がありました。

それは「意見を言いづらい」ことです。

ある程度の希望は聞いてもらえたのですが、リフォームが完成した段階で家を見に行ったところ、部屋の中のドアに違和感を覚えました。

私の寝室と子ども部屋のドアだけ、何故か金色の取っ手がついた重くて豪華なドアになっていました。

「このドアは・・・?」と聞いたところ、

「うちの倉庫に余ってた一番高いドア!ちょうど2つあったから!サービス!」と言われました。

ありがたいんですけど・・・・できればもう少しシンプルなドアがよかった!(笑)

もうドアついちゃってたので、それ以上は何も言えませんでした。

知り合いの業者さんに頼むと、色々とサービスしてくれることもありますが、まれに上記のようなことも起こります。

また現在、旦那の部屋のドア枠の板が浮いているのですが、修理をお願いしづらい状況です。

業者さんが知り合いだと、へたに顔見知りな分、なかなか意見を言いづらい面も多々あります。

なので、できれば色々な業者さんを比較・検討してみることをオススメします。

もしネットで簡単に見積りを出すなら、タウンライフリフォームがオススメです。

複数のリフォーム業者さんへ、無料で見積りを一括申請できて便利です。

また、リフォームのアドバイスを無料で提案するサービスもあります。

住宅のリフォームは決して安くはないので、できれば何社か見積りを出してもらって比較した方がいいです。

見積りだけなら無料なので、もしリフォームを検討しているなら活用してください。

≫タウンライフでリフォーム見積りを一括申請(無料)

以上、中古住宅のリフォームについてでした。

少しでも参考になると嬉しいです。

Twitterもやっていますので、よろしければフォローお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる