ブログのコンサルはじめました!モニターさん募集中!詳しくはこちら

WordPressのPHPバージョン確認方法とバージョンアップ手順

  • URLをコピーしました!
あや

こんにちは!あやです!

ケロ

僕はアシスタントのケロです!

当サイトは「元引きこもり専業主婦・あや」がブログをスタートしてから、

  • 月間最高79万PV!
  • 月収30万円超え!
  • 日収6万円超え!

を達成したノウハウをご紹介しています。

今回は、

このプラグインには新しいバージョンの PHP が必要です。 PHP の更新についての詳細はこちらをクリックしてください。

こちらのエラーが出た方のための解決方法をご紹介していきます!

先日WordPressのプラグインがなかなかバージョンアップできず、こちらのエラーが出ましたが、無事に解決できましたので手順を詳しくご紹介していきますね!

さっそくエラーの状況から見ていきましょう!

目次

プラグインがバージョンアップできないことから問題発覚!

実は以前から、

このプラグインには新しいバージョンの PHP が必要です。 PHP の更新についての詳細はこちらをクリックしてください。

こちらのエラーは表示されていたのですが、よくわかってなかった私は「そのうち直るだろう」と放置していました^^;

しかし、放置しててもずーっと消えないので気になって調べてみると、PHP の更新を手動で行う必要があるとのこと。

あや

更新しなきゃいけないとわかってもなお、ほったらかしにしてたんですが、いい加減更新することにしました…

ケロ

放置はよくないよ!エラーが出たら早めに対処しようね!

あや

スミマセン…汗

そしてあとからわかったことですが、PHPのバージョンが古いままだとWordPressが動かなくなってしまうことも…!

PHPとは簡単に言えば、ワードプレスやプラグイン、テーマなどのいわば【土台】とも言える存在です。

プラグインやテーマ、ワードプレス自体はどんどんバージョンアップしていますので、土台もバージョンアップさせる必要があるということです^^

では、まず自分のWordPressのPHPがどのバージョンなのかを調べてみましょう!

WordPressのPHPバージョン確認方法

自分のWordPressのPHPバージョンを確認する方法は、2つあります!

  1. WordPressのメニュー「サイトヘルス」から調べる
  2. ご自分が契約しているサーバーで調べる

確認方法①WordPressのメニュー「サイトヘルス」から調べる

1つ目の方法はWordPressの「サイトヘルス」から調べる方法です!

WordPressのメニュー画面から

「ツール>サイトヘルス」

へ進むと、現在のサイトの状況がわかります。

WordPressサイトヘルス
あや

上記画面をみていただくとわかるように、この時点での私のブログのPHPは「7.3.33」になっており、古いバージョンだから更新せよと指摘されています^^;

さらに私のサイトでは、

  • 致命的な問題が1つ
  • おすすめの改善策が4つ

合計5つも改善点があることがわかりました…!

ケロ

プラグインを早く更新しなきゃ!致命的な問題だって言われてるよ!

あや

そうだね!更新可能なプラグインっていうのは、ずっと放置してた「バージョンアップできないプラグイン」のことね!

ケロ

このプラグインをバージョンアップするために、PHPもバージョンアップする必要があるんだね!

あや

そういうこと!

というわけで、現在わたしは古いバージョンを使っており、すぐに更新が必要なことがわかりました!

PHPのバージョンはサーバー側でも調べることができますので、実際にやってみましょう!

確認方法②ご自分が契約しているサーバーで調べる

次はサーバー側で調べる方法です。

あや

今回は私が契約しているエックスサーバーで調べる方法をご紹介しますね!

まずはエックスサーバーのサーバーパネルにログイン後、「PHP Ver.切替」をクリックします。(下記画像参照)

エックスサーバーサーバーパネル

そうすると現在お持ちのドメイン名が出てきますので、バージョンを確認したいドメイン名の左にある「選択する」をクリックします。

エックスサーバードメイン選択画面

そうすると、現在のPHPのバージョンを確認することができます!

エックスサーバーPHPバージョン切替画面

やはりPHPバージョンは「7.3.33」になっており、さきほどサイトヘルスで確認したときと同じですね!

ではさっそくPHPのバージョンを更新してみましょう!

次はPHPのバージョンアップの手順ですが、その前に・・・

あや

PHPのバージョンを更新するまえには、必ずバックアップを取ってくださいね!

PHPをバージョンアップすることは、WordPressの土台ごとバージョンアップするようなもの・・・

なのでもしもの「万が一」に備えて、必ずバックアップを取ることをオススメします!

バックアップがわからない方は、WordPressのバックアップと復元方法【UpdraftPlusの設定と使い方】でバックアップ方法を解説していますのであわせてお読みください^^

では今回はエックスサーバー側から推奨されている「PHP7.4.28」へバージョンアップします!(推奨されるバージョンは更新時期によって変わります

さきほどの画面にて、更新したいバージョンを選択し、変更をクリックします。

PHPバージョン切替方法

「変更しました」の文章が出てきたら完了です!

PHPバージョン切替成功画面
ケロ

え〜!これで終わり?早いね!

あや

アッサリ終わっちゃったね!

ということで、私がずーっと放置していた「バージョンアップできなかったプラグイン」も見てみましょう。

バージョンアップできなかったプラグインというのは「Pochipp(ポチップ)」のことだったんですが、こちらを更新してみます!

プラグイン更新画面

数秒まつと・・・

プラグイン更新完了

無事に更新することができました〜!

ケロ

よかったね〜!サイトヘルスはどうなってるだろうか?

あや

そうだね!念の為に確認してみよう!

WordPressサイトヘルス改善後
あや

サイトヘルスを確認したところ、「致命的な問題」が無事に消えていました〜!よかった〜!

とはいえ、まだまだ改善点が4つもありますので、また改善できたら更新します〜^^

記事に出てきたプラグイン「Pochipp(ポチップ)」はAmazonアソシエイトや楽天アフィリエイトをやっている方にとってもオススメですので、Amazon楽天のアフィリエイトリンクをまとめて貼る!【Pochipp設定】もあわせてご覧くださいね^^

現在、期間限定のブログモニターコンサルをやってます♪

ご興味のある方は、こちらのページから詳細をどうぞ^^

生徒さんの口コミやコンサル内容もご紹介しています!

目次
閉じる