ブログのモニターコンサルはじめました!詳しくはこちら

【あや】のプロフィール

あや

はじめまして!当サイト運営者のあやです!

ケロ

アシスタントのケロです!

たくさんのサイトの中から当ブログにお立ち寄りくださったこと、感謝いたします!

目次

アラフォー主婦の「あや」です!

当サイト運営者の【あや】は、九州在住の田舎に住むアラフォー主婦です。

地元の大学を卒業後に、福岡や東京など色々なところを転々と放浪しながら暮らしてきました。

30歳を目前にして地元へ帰り、結婚・出産を経て今に至りますが、これまでの人生わりと悲惨だったので、色々書いてみます。

長くなりますが、こんな人間もいるんだよということで読んでいただければと思います。

ブラック企業に就職するもすぐ退職して放浪

まず大学を卒業後に、新卒で某アミューズメント会社へ就職するも超絶ブラックだった件からお話しますね。

ケロ

いきなりヘビーだね。笑

私は学生時代にゲームセンターでアルバイトをしていまして、職場がとても楽しかったので、そのままバイト先の会社へ就職しました。

でも、いざ正社員になると【超絶ブラック】な会社だったことが発覚しまして、1ヶ月してすぐに辞めました。

あや

社員さんに「辞めとけば?」と言われてた意味が入社してすぐにわかりました。笑

新入社員研修では、謎の泊まり込み合宿で1日中大声を出させられたり、軍隊のような訓練を受けたりして、「ココは北○鮮かな?」という感じでした。

あや

洗脳されそうな気配で、本能的にヤバいと感じました。

退職間際にはプライベートでのゴタゴタも重なり、パニック障害や鬱なども発症

かなりシンドイ時期を過ごしました。

あ、病気の方は現在すっかり完治してますが、発作が起きたときのためにお守り代わりの薬は携帯しています。

あや

このあたりは、わりと暗黒時代の話ですね。

その後は鬱で療養中だったので、短期の派遣社員やアルバイトなどで食いつなぎ、住まいも転々としながら不安定な毎日を送っていました。

諸事情により実家はあまり頼れない身なので、本当、根無し草のような時期もありました。

ちなみに、これまで人生で引っ越した回数は「8回」です。

今思えば、引っ越し貧乏だったのかもしれません。

婚約者が目の前で現行犯逮捕されて東京から故郷へ

そんな放浪生活の最中でも、お付き合いしていた男性がいまして、結婚の約束をしていました。

ですが、とある事件がキッカケで婚約していた彼が目の前で現行犯逮捕され、私も事情聴取を約4時間受ける羽目に。(自分の身の潔白を証明するための聴取でした)

警察に任意同行を求められたのも初めてだったし、婚約者は目の前で捕まるし、本当に散々でした。

そしてなによりもショックだったのが、4年も付き合っていたのに、私は彼の正体を何にも知らなかったということでした。

ケロ

要するに「嘘つき」だったんだよね。

その頃は憧れだった東京に1年間ほど住んでいたのですが、知り合いも少ない土地でひとり生活していくには孤独すぎて、耐えきれずに帰郷。

あや

東京って人が多いから、余計に孤独を感じてしまいました。

あと、強いて言うなら東京の「満員電車」がマジで苦手で、いつもパニック発作が起きそうでビクビクしながら乗っていました。

あや

一度、電車降りたところで発作が起きて倒れ込んでしまったんですが、だーれも声かけてくれませんでした。さすが大都会・東京。笑

色んな不幸が重なって、なんとか親に頭を下げ、九州へ帰ったのが27歳の頃です。

地元へUターン後に結婚妊娠、そして派遣切り…

地元に戻ってからは、派遣社員の事務として働いてました。

役に立つ資格といったら、運転免許くらいしか持っていなかったので、ハローワークの制度を利用して介護の資格も取得しました。

本当は祖母の介護を手伝いたかったから取得した資格でしたが、祖母は糖尿病からくる合併症で、結局10年ほど入院したのちに、家に帰ってくることなく亡くなりました。

とはいえ、せっかく資格を取ったのだからと、ヘルパーステーションに就職し、サービス提供責任者として働いたりもしました。

あや

まぁ、その職場もブラック企業だったんですけどね。笑

帰郷してしばらくたってから、昔からの友人だった旦那と再会して結婚、そして妊娠しました。

ケロ

居酒屋で働いてた旦那さんと久々に再開して、盛り上がったんだってよ

あや

「絶対この人とは結婚はないだろ」って思ってた人と結婚したので、人生何があるかわからないですね

妊娠してつわりがヒドくなってきた頃、まだ私は派遣を続けていました。

ですが、吐き気と眠気でフラフラだったので、念の為に派遣元の社員さんに妊娠の事実を告げました。

そして「派遣先に一応、確認してみますね!」と言われて、職場の上司と派遣会社のスタッフさんと私で話し合いが行われました。

そこで告げられたのは、「お腹が大きくなってきたら危ないから」という謎の理由と、派遣契約の解除でした。

要するに派遣切りされました。

ケロ

妊娠したらお腹が大きくなるのは当たり前なのに、それが「危ない」って言われると妊婦さんは何にもできなくなるよね

契約期間はまだ残っていて、計算どおりに行けば妊娠8ヶ月頃までで契約は終了だったのですが「妊婦だから」という理由で仕事を失いました。

あや

8ヶ月までだからご迷惑はかけません!と何度も食い下がりましたが、ダメでした。

正直、当時はカツカツな生活だったので、仕事がなくなったのはかなり大きなダメージでした。

そりゃ、契約中に妊娠したのは私なので、文句は言えないかもしれません。

でも調べたところ、妊娠を理由に解雇になっている女性が、世の中にたくさんいることがわかりました。

あや

「私だけじゃないんだ…」と心強くはあったものの、やるせない気持ちは拭えませんでした。

また、旦那も居酒屋から転職したばかりで、お給料がそんなによくなかったのも痛手でした。(今もそんなによくないですけどね…^^;)

派遣切りからのうつ病悪化と妊娠糖尿病

さらに、妊娠中は「妊娠糖尿病」になりかけたり、「切迫早産で絶対安静」と言われたり。

今思えば、かなり散々な妊娠生活でした。

ケロ

あの頃は、うつ病も悪化していたね…

あや

そうそう、んで泣いたら過呼吸になって、おなかが張って痛くなるという悪循環だったね!笑

妊娠中は基本的に、服薬ができません。

なので、処方されるのはすべて漢方薬でした。

ケロ

抑肝散(よくかんさん/精神安定)とアローゼン(便秘薬)を飲んでたね

あや

うん、まぁ…漢方薬は気休め程度にしかならなくて、私のうつ病には効果が薄かったかなぁ…

それでもなんとか無事に出産を迎え、産後は専業主婦として子育てと家事に追われる毎日でした。

いつまでも家に引きこもるわけにはいかず、生活費のために仕事も探す日々。

とはいえ、出産してすぐの子持ち主婦を受け入れてくれる職場なんて、そう簡単には見つかりません。

おまけに私には子育てを頼れる人もおらず、旦那は出張が多くて自宅にあまりおらず。

おまけに平日も、帰宅は22時すぎ…。

自分が倒れたら、すべてが八方塞がりになってしまう状況です。

もう毎日毎日、引きこもってずっと「仕事のこと」や「お金のこと」を考えながら、悶々と悩んでいました。

あや

外界との接触は、月1で訪問してくれる市役所の子ども課の職員さんのみでした。

ケロ

あやにうつ病の既往歴があるからってことで、マークされてたんだよね

あや

そうそう、ネグレクトにならないかとか、虐待がないかとか、監視されつつ、親身になってくれてたね。

あと、この頃の外出といったら、買い物に出かけるくらいで、抱っこひもで赤子を抱えながらセール品を求めてスーパーをはしごする日々。

赤ちゃん連れの外出って、どうしてあんなに疲れるんでしょうね^^;

もう毎日クタクタでした。

あと、最低限の赤ちゃん用品を揃えるだけでも、かなり出費がかさみました。

赤ちゃん用品って、おむつとかミルクはもちろんですが、大量の下着や着替え、安全なおもちゃ、ベビーチェア、ベビーバス・・・挙げたらキリないくらいいっぱいありますよね。

貧乏カツカツな生活でも貯金がしたい!

そんなギリギリの子育て生活を送っていた私。

ですが、毎日我が子を育てていく中で、

  • もっと子どものために貯金したい!
  • 子どもが「やりたい」と言ったことを、何不自由なくやらせてあげたい!

という感情が芽生え始めていきました。

不思議ですよね。

毎日の生活は貧乏でカツカツなのに、自分の靴下すら満足に買えないのに、子どもにはもっとお金をかけてあげたいって思ってしまったんです

あや

子どもって、たった数ヶ月でズリバイしたり、歩きだしたり、走り出したり…成長が著しいんですよね!

毎日毎日、我が子の寝顔をみるたびに「子どもって可能性のかたまり」なんだなと、つくづく感じました。

生活するだけでもやっとなのに「子どもには好きなことになんでも挑戦してほしい」という願望だけは、どんどん膨らんでいきました。

あや

例えば、子どもが「スポーツやりたい!」「勉強がんばりたい!」と言い出した時って、習い事や塾に通わせてあげたいですよね!

あと、これは個人的なことですが「自分が歳をとった時に子どもに迷惑をかけたくないな」とも思うようになりました。

私は介護の資格を持っていて、介護職も3年続けて、自分の祖父母の介護も経験しました。

それを見てて思ったのは、やっぱり老後って何かとお金も人の手もかかるんですよね。

もし老後にお金があれば、早めに施設に入居することも可能なんです。

お金があれば、ヘルパーさんにも追加支援を頼むことだってできます。

あや

介護保険制度もありますが、現場から言わせてもらうと「本当に最低限の補助しかない」と捉えてもらってOKです。(介護度が上がると補助も増えますが介護認定次第です)

子育てしている主婦なら、「老後の資金問題」「親の介護問題」は誰しも考えることです。

しかし、自分たち夫婦の老後も考えておかなくてはいけません。

なので、

  • 子どもの教育や教養のための貯金
  • 自分たち夫婦の老後の貯金

この2つを貯金しようと決めました。

とはいっても、我が家には貯金できる余裕なんてありませんので、私はさらに必死で仕事を探しました。

出産後はずっと専業主婦で引きこもりだった私ですが、子供が2歳の頃にやっとパートを開始。

自分の持ってる介護の資格を生かして、特別養護老人ホームで働き始めました。

離婚を決意するも事件勃発でパートを挫折

パートしていた介護施設では、平日(月〜金)に毎日5時間程度、働いていました。

仕事が終わったら子供を迎えに行って、帰宅後は夕飯の支度とお風呂の準備などに追われる毎日。

我が家は旦那の出張が多く、帰宅も遅いため、ほぼひとりで家事育児をこなしています。

おまけに仕事は介護職の現場なので、わりとハード。

パート時代は、毎日髪を振り乱しながら走り回っていました。

ケロ

旦那さんは?

あや

それがさぁ…

たまに自宅にいる旦那といったら、ほぼ家事は手伝わず、ゲーム三昧。

私はいつもイライラしてしまい、夫婦喧嘩が耐えませんでした

あまりに何もせず、ゲームばかりやる旦那に嫌気がさして、離婚も考えるようになり、実際に弁護士さんのところへ相談にも行きました。

ただ、いざ離婚しても私には、

  • 頼れる身内がいない
  • 実家も頼れない
  • 自立できる経済力がない

こんな理由もあったので、なんとか離婚せずに踏みとどまっていました。

だから、パートに出て働くしかありませんでした。

あや

きっと過去の私のように、我慢して耐えている主婦の方は世の中にたくさんいると思います!

そんなある日、いつものパート先の特別養護老人ホームで、とある事件が起きました。

ウトウトと眠っている利用者の女性(認知症で要介護4)がいたので、私はひざ掛けをお持ちしました。

すると、その女性からいきなり猛烈なビンタをお見舞いされました

全く状況が掴めなかったので、ただ呆然と立ち尽くす私。

殴ってきた女性は、ニヤニヤと笑っていました。

あや

「時間が止まる」って本当にあるんだなって思いました

実は、その女性は「よくスタッフに手を出す方」と申し送りされていました。

まぁ…あまり言いたくはないのですが、介護の現場にいると「手や足が出る利用者さん」というのは、わりとあるあるなんですね。

なので、自分も気をつけて接するようにはしていました。

ですが、このビンタ事件で私の中の何かが「ブツッ」と切れてしまいました。

ビンタがめちゃくちゃ痛かったわけじゃないんですよ。

所詮は”おばあちゃんの力”なので…。

でも…

ケロ

心がポキっと折れたんだね

あや

そうそう、なんかもうね、全てどうでもよくなっちゃったんだよね。

叩かれたほっぺたは、少し赤くなった程度で全くケガもないし、たいしたことはなかったんです。

でも、その頃の私は、

  • ワンオペ育児で体力の限界
  • 旦那との離婚話でストレスMAX

だったので、心身ともにかなり追い詰められていました。

「もう無理だ」と思って、翌日会社に辞表を提出。

シフトの関係もあり、辞表の提出から1ヶ月後に逃げるように退職して、せっかくありつけた仕事を自ら手放してしまいました。

介護パートからWebライターへ!ブログも設立!

仕事を辞めてしまい、パート代もなくなり、いよいよ生活に危機が迫ってきた頃、ふと見つけたのが「Webライター」という仕事でした。

在宅で、しかもパソコン1台で、いつでもどこでもできる仕事と書かれてありました。

今でこそブログで稼いでいる私ですが、実はWebライターをやる以前から、旦那に「ブログやってみたら?」と言われていました。

ただ当時は「ブログって何?」という感じで、なかなか手を出さずにいたんですね。

あや

ブログと聞くと、個人的には「芸能人がよく書いてる日記」みたいなイメージしかなかったんですよね^^;海老蔵さんとか。笑

最初は本当に何も知らなくて、ツイッターのこともブログだと思っていました。

ケロ

ツイッターはツイッターだろー。笑

あや

ね^^;マジで何も知らなかったんだよ!

機械に疎くて、SNSもよくわかってなかった私。

正直、SNSが何なのかもよく知りませんでした。

だから、旦那がススメてきたブログとやらも、当初は「私がそんなの書いたところで稼げるわけないじゃん」と思っていました。

ケロ

旦那さんの話は、右から左にスルーしてたんだよね!

あや

そうそう!めんどくさいなーって思ってたね^^;

ですが、よくよく調べると「一般人でもブログでお金が稼げる」ことを知りました。

芸能人とは違う方法ですが、たしかにブログで稼げるみたいだったので、ビックリしました。

でも正直「ネットで稼ぐ」ってなんだか怪しい気もしますよね?

ただ、私の場合は「Webライターのお仕事」もあったので、オンラインの仕事に対するハードルが下がっていたこともあり、同時進行でブログも立ち上げることに。

生活費もカツカツだし、背に腹は代えられないので「いっちょ、やってみよう!」と思い立ち、2019年秋頃に独学でブログを開設しました。

でも、ここからが悲劇の始まりでした^^;

何をやってもうまくいかず、何が正解なのかもわからず、全然稼げない時期がずーっと続きました。

なぜ稼げないのに続けていたのかというと、もう「外で働きたくなかった」からです。

この頃は、再び引きこもり生活を送っていましたので、できれば外界からの刺激を一切受けたくありませんでした。

できるなら自宅で、心穏やかに働きたいという気持ちが、第一でした。

それに、自分以外で子どもを見てくれる人がいないので、外で働くことの不安も大きかったです。

メンターとの出会いとブログ収益化に成功【月収1万円突破】

とはいえ、まったく稼げないとやはり不安は募るし、お金もカツカツです。

そんな頃、とあるクライアントさんに「ブログを開設したけどうまくいかない」ことを伝えてみました。

その人は、私にはじめて「Webライター」のお仕事をくれた恩人の女性でした。(その人は双子のママさんでした)

そして「稼いでるブログを作ってる人は、みんなメンターに教えてもらってるよ」と教えてくれました。

メンターとは、プロデューサーやアドバイザーみたいなもので、いわゆる「ブログの先生」みたいなものです。

今だからわかりますが、YouTubeで稼いでる人も、もれなくみんな「メンター」がいます。

そして、メンターに自分のチャンネルをプロデュースしてもらっています。

ブログのメンターも同じように、行くべき道を示してくれるような存在です。

あや

でも、こんなこと普通に生活してたら知る由もないですし、わからないですよね

私もブログをやる前は、そんな世界があることすら知りませんでした。

さらに、私のクライアントさんにも「メンター」がいるとのことでした。

そして、クライアントさんもメンターのアドバイスがあったから、ブログで稼げるようになったとのこと。

あや

なんか世の中の仕組みというか、カラクリを覗いてしまったような…なんとも言えない不思議な感覚だったのを覚えています。

というわけで、さっそく私もメンターを探してみました。

ケロ

探したらいっぱいいるんだもんねー!これが!

あや

そうそう、メンター選びって大事だよね。

そして一通り探して、優しそうな女性のメンターと出会いました。

そして、メンターからアドバイスを受けたところ、まったく稼げなかったブログからだんだんと収益が発生するようになりました。

  • 1,000円
  • 5,000円
  • 10,000円

と、収益がどんどん大きくなっていきました。

よく考えてほしいんですが、これって

「どの会社にも、どの部署にも属していない、まったくフリーの状態である自分が【自分の力だけ】で稼いだお金」なんですよね。

これって冷静に考えると、すごくないですか?

あや

実際、リアルではずっと家に引きこもってPCカタカタさせてただけなんですよね

初めて10,000円稼げたときは、部屋の中で小躍りするくらい嬉しかったです。

浮かれる人のイラスト(女性)
マジでこんな感じでした(笑)
あや

最近は、正社員だった頃よりも手取りが多いこともありますよ!

ケロ

パートの時からすると3倍以上だね!

ということで現在は、子どもが学校に行っている間に在宅で、しかもパソコン1台のみで稼いでいます。

通勤時間もないし、勤務時間も自由だし、服装も自由です(笑)

パートの頃は子供が熱を出したときなんか「すみません、シフト変わってもらってもいいですか?」とペコペコしてたんですけど、

もうずっと家にいるので、そんな心配もなくなりました。

なので今は、気持ち的にかなりラクになりました。

子どもも「お母さんがいつも家にいる」ことが嬉しい様子。

私自身も「好きな時に好きな場所で仕事ができる」今の生活が1番楽しいし、職場の人間関係に悩むことも失くなったのですごく楽です。

あや

外で働くことに苦痛を感じている人は、在宅でできる仕事がオススメです。

最近は、気分転換を兼ねてカフェで作業したりもしてます。

平日昼間に買い物や美容院も行けるので、自分のオシャレに使う時間も増えました。

それと・・・

実はこんなこと思ったりもしています。笑

ブログのおかげで夫婦喧嘩が激減した話

あと、ブログをはじめてから旦那とケンカする回数が激減しました。

あや

ツイッターにも書きましたが、わりと存在がどうでもよくなるんですよね。笑

以前パートに出てた頃は「もっと家事育児を手伝って!」とガミガミ言ったり、真剣に離婚も考えていたんですけど、今は在宅で仕事してるので、わりと心に余裕を持ててるんですね。

家事をこなす時間も十分にあるので、旦那がもし夕食後の食器を片付けていなくても、あんまりイライラしません。

靴下を脱ぎ散らかしていても、部屋が汚くても、「あーまたか」という程度で、華麗にスルーできるようになりました。

心の余裕とお金の余裕って本当に大事ですよね。

ケロ

特に介護のパートやってた頃は、家の中が殺伐としてたね!

あや

そうそう、夫婦喧嘩がうるさすぎて警察に通報されたりもしたね。笑

まぁ、そんなこんなで人生は長いようで短いですから、いまこの瞬間を楽しんで生きていかないと、時間がもったいないですよ。

毎日クタクタになるまで働いて、家に帰ったら子育てや育児に追われていた毎日を思えば、そりゃ心がポキっと折れても仕方なかったなと思います。

私は母親だし、妻だけど、その前にひとりの人間なので、人生もっと楽しんで生きていきたいんですよね。

そのためにはやっぱり「お金」も必要。

人生豊かに暮らすなら、なんだかんだお金は必要なんですよね。

あや

キレイ事だけじゃ食べていけないですもんね

月収22万円を突破し、開業届を提出して起業!

そんなこんなで旦那を華麗にスルーする日々を送りながら、ブログをコツコツと頑張り、気づいたら月収22万円を突破していました。

そこからはコンスタントに10万〜20万超を稼げるようになり、現在に至ります。

それもこれも、ブログコンサルで得られた稼ぐノウハウとPCスキルのおかげです。

ちなみに主婦が在宅で稼ぐ場合、年間の所得が20万円以上になれば、確定申告を行う必要があります。

あや

私は2021年1月に開業届を出して起業しました!

コ○ナ禍ながら、在宅で右肩上がりに成長し、起業・開業までできたのは、本当に嬉しかったです。

あや

自分が起業するとか、若い頃は全く想像もしていませんでした。

現在は個人事業主として、ブログを複数運営したり、ブログのモニターコンサル企画をはじめたりもしています。

先日は、2021年度分の収益を青色確定申告にて提出しました。

あや

自分でやる初めての確定申告、ドキドキでした!

当サイトの理念と辛かった過去の自分へ

私は【昔の自分】と同じ様な体験をしている方に、今の体験を伝えたいと思ってこのブログを立ち上げました。

  • 色んな事情があって外で働けない方
  • 子育て・介護に追われて忙しい方
  • 収入を増やしたいけど手段がわからない方

こんな方に、ぜひとも豊かでラクな暮らしをしてほしいと願っています。

在宅で稼ごうと思うならPCのスキルも身につくし、資産としての価値もあるので【ブログ】が一番オススメです。

あや

会社の人間関係にうんざりしてる人、毎日毎日会社から早く帰りたいと思ってる人は、早くブログをはじめて在宅ワークに切り替えることをオススメします!

ケロ

在宅って基本ひとりだし、誰にも気を使わなくていいのが楽だよね

そんなこんなで、ここまで長々と私のプロフィールをお読みいただきまして、ありがとうございます!

ちなみにこのプロフィールは、約9,000文字でした(笑)

目次
閉じる