PS Auto Sitemapは脆弱性アリ?代わりのプラグインはコレ!

  • URLをコピーしました!
あや

こんにちは!あやです!

ケロ

僕はアシスタントのケロです!

当サイトは「元引きこもり専業主婦・あや」がブログをスタートしてから、

  • 月収30万円超え!
  • 日収6万円超え!
  • 月間最高79万PV

を達成したノウハウをご紹介しています。

ワードプレスでブログを作っているとよく目にする「サイトマップ」という言葉。

中でも、HTMLサイトマップを生成するプラグイン「PS Auto Sitemap」は、ユーザー数も多く人気のプラグインですが…

あや

7年前から更新が止まってる…!

ケロ

ええ〜!

「PS Auto Sitemap」の更新が止まっている件は、先日生徒さんからのご相談で判明しました!(ありがとうございました♪)

ということで今回は「PS Auto Sitemap」の代わりとなるプラグインと、プラグインの脆弱性についてご紹介していこうと思います!

目次

PS Auto Sitemapは脆弱性アリ?古いプラグインにご用心!

そもそも、プラグインが古いと何が問題なのか、を簡単にご紹介しますね!

ワードプレスやプラグインは、バージョンが古い(もしくはずっと更新されてない)状態ですと、脆弱性が起きるというか、セキュリティに穴があくことがあるんですね。

そうすると、不正にアクセスされたり、ウイルスに感染する危険が高まります。

そういった脆弱性を回避するためにも、プラグインはわりと頻繁に更新(バージョンアップ)されていることが多いです。

ケロ

ワードプレス本体もたまにバージョンアップしてるね!

あや

うん!ワードプレスがバージョンアップすると、テーマも更新されたりするよ〜☆

ワードプレスのユーザーは世界的にみてもかなり多いです。

なので【ユーザーが多い=狙われやすい】という側面があるのも事実です…。

だからこそ、頻繁に更新されているプラグインを使ったほうが安全なのです。

とはいえ、更新が止まっている「PS Auto Sitemap」は、HTMLサイトマップ生成のプラグインとしては非常に有名で、ユーザー数も多く人気のプラグインです。

今のところ大きな問題はないので、「PS Auto Sitemap」をそのまま使用しても大丈夫かとは思います。

しかし、セキュリティ面を重視されるのであれば、更新頻度の高いプラグインに変えたほうが無難です、

なので、今回は「PS Auto Sitemap」の代わりのプラグインをご紹介していきますね!

PS Auto Sitemapの代わりのプラグインはコレ!

「PS Auto Sitemap」の代わりになるプラグインを探してみたところ、いくつか候補がありました!

PS Auto Sitemapの代わりのプラグイン
  • WP Sitemap Page
  • All in One SEO
  • Simple Sitemap
  • Table of Contents Plus
  • Hierarchical HTML Sitemap
  • WP SEO HTML Sitemap…etc

探せばまだまだたくさんありますが…!

ケロ

プラグインって種類が多くて何が良いのかわからないよ〜!

あや

だよね!だから私の独断と偏見で1つだけ紹介するね!

ということで、個人的にオススメしたい代替プラグインは「WP Sitemap Page」です!

あや

さっそくWP Sitemap Pageの設定方法と使い方をマスターしよう!

WP Sitemap Pageの設定方法と使い方

「WP Sitemap Page」の使い方は、「PS Auto Sitemap」と同様にショートコードを貼り付けるだけなので、非常に簡単です!

ただ、「PS Auto Sitemap」のようなカスタマイズをするには、すこしコードの知識が必要。

なので、コードもあわせてご紹介していきますね。

WP Sitemap Pageの導入

まずはプラグインをダウンロードして、有効化していきましょう!

ワードプレスのメニュー画面から、

プラグイン>新規追加

へ進んでくださいね!

WP Sitemap Pageを新規追加
ケロ

「PS Auto Sitemap」を使っている場合はどうするの?

あや

その場合は「PS Auto Sitemap」を無効化してから、新しいプラグインを有効化してね!

プラグインから新規追加に進んだら、「WP Sitemap Page」で検索して、出てきたプラグインを【インストール】→【有効化】していきます。

WP Sitemap Pageをインストールして有効化

有効化されたことが確認できたら、自動更新も【有効化】に設定しておくと、更新の手間がはぶけて便利です。

WP Sitemap Pageの自動更新を有効化

WP Sitemap Pageの設定方法

続いては、WP Sitemap Pageの設定方法です!

設定画面は、ワードプレスのメニューから

設定>WP Sitemap Page

へ進んでください。

すると、【使い方】というタブがありますので、クリックしていただくとショートコードが出てきます↓

WP Sitemap Pageの設定画面

この中からお好みのコードを選んで、固定ページに貼り付けるとOKです!

ケロ

「PS Auto Sitemap」を使っていた人は、サイトマップの固定ページに貼ってあるショートコードを張り替えるだけでOKだよ〜!

あや

サイトマップを初めて作る人は、固定ページに「サイトマップ」という記事を新規作成して、カスタムHTMLで貼り付けてください!また、パーマリンクは「sitemap」にしておいてくださいね!

サイトマップの固定ページ
「よくあるサイトマップを表示する」のショートコードを貼り付けた例

クラシックエディタをお使いの人は、テキストモードでショートコードを入力してください!

ショートコードを貼り付けたら、このようなサイトマップができました〜☆

WP Sitemap Pageの表示画面
サイトマップ完成〜☆
ケロ

あれれ?ところどころに英語で「Category」って入ってるね?

あや

そうだね!なんだか少し気になるから、コードをアレンジしていこうか!

WP Sitemap Pageの使い方

ということで、サイトマップのデザインを変えたい場合・・・

例えば、英語の「Category」を消して、こんな風にスッキリ表示させるなら↓

WP Sitemap Pageのショートコードをアレンジ

ショートコードを、

「wp_sitemap_page only=”post” display_category_title_wording=”false” display_title=”false”」

※「」→ [ ] に変更してください

こちらに変更してみてくださいね☆

プラグイン「WP Sitemap Page」の使い方アレンジ方法は、『WP Sitemap Page』のサイトマップをカスタマイズ-01でご紹介されているものを引用させていただきましたm(_ _)m

HTMLサイトマップって必要なの?

今回は、「PS Auto Sitemap」の代わりになるプラグインとして、「WP Sitemap Page」をご紹介しました!

が、しかし…!

そもそも【HTMLサイトマップって必要なの?】という方も、中にはいらっしゃいますよね?

結論としては正直…どちらでも良いのではないかと思っています^^;

基本的に【HTMLサイトマップ】は、ユーザビリティのためにも設置した方が良いと考えていますが、別に設置しなくても運営に支障はないです。(経験談)

あや

ただし、XMLサイトマップは必須ですよ〜!

ケロ

XMLサイトマップって何??という人はコチラの記事も読んでみてね↓

参考記事:XML Sitemapsが見つからない!代用できるプラグインと設定使い方ガイド

また、他のプラグインについては、ワードプレスに必須のプラグインは7つ!全部入れとけば間違いない!でもご紹介していますので、よかったら参考にしてくださいね!

目次