ワードプレスに必須のプラグインは7つ!全部入れとけば間違いない!

  • URLをコピーしました!
あや

こんにちは!あやです!

ケロ

僕はアシスタントのケロです!

当サイトは「元引きこもり専業主婦・あや」がブログをスタートしてから、

  • 月収30万円超え!
  • 日収6万円超え!
  • 月間最高79万PV

を達成したノウハウをご紹介しています。

今回は、ブログをたちあげてワードプレスをインストールしたあとの話になります!

ワードプレスには「プラグイン」という便利機能を追加できるシステムがあります。

あや

厳密に言うとソフトウェアの拡張なんですが、まぁ細かいことは置いといて…スマホに入れるアプリみたいな感じと捉えてください!

ぜひ一緒にプラグインを導入していきましょう!

目次

ワードプレスに必須のプラグインは7つ!

ワードプレスをインストールして、テーマもインストールし終わったら、次はプラグインを入れていきましょう。

オススメのプラグインはこちら!※最近見直しまして「7つ→9つ」に変更しました!

  1. SEO SIMPLE PACK(SEO強化)
  2. Google XML Sitemaps(Googleに送信)→「XML Sitemap & Google News
  3. Really Simple SSL(暗号化)
  4. UpdraftPlus (バックアップ/復元)
  5. WP Multibyte Patch(文字化け防止)
  6. WP Revisions Control(履歴削除)
  7. Wordfence Security(セキュリティ)
  8. EWWW Image Optimizer(画像圧縮)
  9. Contact Form 7(お問い合わせ用)

基本的に上記の9つをインストールすればOKですが、無料テーマのCocoonを使われるなら、以下の7つで基本はOKです!

  1. UpdraftPlus (バックアップ/復元)
  2. WP Multibyte Patch(文字化け防止)
  3. WP Revisions Control(リビジョン履歴削除)
  4. Wordfence Security(セキュリティ)
  5. Contact Form 7(お問い合わせフォーム)
  6. XML Sitemap & Google News(サーチコンソールで送信するサイトマップ)
  7. PS Auto Sitemap(ブログ内で表示させるサイトマップ)←あってもなくてもOK

さっそく順番にご紹介していきますね!

面倒な方は動画でも解説していますので、とりあえず7つインストールしときたい方は動画をご覧ください。

あや

各プラグインの設定方法を知りたい方は記事をそのまま読み進めてください!

必須プラグイン①SEO SIMPLE PACK(SEO強化)

まずは、SEO対策を強化してくれて、設定も簡単だし動作も軽いプラグインを入れましょう!

「SEO SIMPLE PACK」の詳しい設定方法については、ワードプレス必須プラグイン「SEO SIMPLE PACK」設定方法をご覧ください!

ブログをスタートしたら、まずはGoogleに自分のブログを認知してもらいましょう!

「Google XML Sitemaps」の詳しい設定方法については、Google XML Sitemapsとは【設定と使い方&見つからない時の対処法】をご覧ください!

 2022年4月頃から、「Google XML Sitemaps」がインストールできなくなりましたので、代わりに使えるプラグインをご紹介しています。

(参考記事)XML Sitemapsが見つからない!代用できるプラグインと設定使い方ガイド

必須プラグイン③Really Simple SSL(暗号化)

次に、ブログを暗号化します。

あや

暗号化することをSSL化と言います。

「ブログを発信する人」と「読者」とのやりとりを暗号化することによって、より安全にブログを運営、または閲覧できるようにします。

「Really Simple SSL」の詳しい設定方法については、Really Simple SSLの設定と使い方【作業待ちのエラー対処法】をご覧ください。

必須プラグイン④UpdraftPlus (バックアップ/復元)

次はバックアップのプラグインです。

ワードプレスのバックアップをとることは非常に重要です。

ブログ初心者さんにわりとよくあるんですが、中身をいじってたら「途中で画面が真っ白になっちゃった!」「ワードプレスにログインできなくなっちゃった!」という方がいます。

そんな時にバックアップデータがあれば、復元が可能なのでぜひともバックアップはしっかりととっておきましょう!

詳しくはWordPressのバックアップと復元方法【UpdraftPlusの設定と使い方】をご覧ください!

必須プラグイン⑤WP Multibyte Patch(文字化け防止)

次は、ワードプレスを日本語化してくれる「WP Multibyte Patch」というプラグインです。

設定や使い方については、WP Multibyte Patchとは文字化け防止のプラグイン!使い方設定ガイドをご覧ください!

必須プラグイン⑥WP Revisions Control(履歴削除)

続きましては、リビジョン制限をコントロールしてくれるプラグインです。

無限に増えていくリビジョンは、サーバーにも負荷がかかりますので、あらかじめ制限してあげることで増え続ける履歴を削除することができます。

詳しくは、WP Revisions Controlの設定と使い方【リビジョン制限とは】をご覧ください!

必須プラグイン⑦Wordfence Security(セキュリティ)

最後は、セキュリティ用のプラグイン「Wordfence Security」です!

ブログはインターネット上で公開されるものなので、つまり全世界からアクセスがあるということです。

逆に言えば、それだけ驚異にさらされるものとも言えますので、セキュリティ対策は万全にしておきたいところですよね。

ここで紹介している「Wordfence Security」は1つだけで対策バッチリなので、ぜひ導入してください。

設定方法は、Wordfence Securityの設定使い方ガイド【セキュリティ用プラグイン】で解説しています!

必須プラグイン追加分!

追加した必須プラグインは下記をご覧ください!

必須プラグイン⑧EWWW Image Optimizer(画像圧縮)

ブログの記事を書いていると、記事内に画像を貼ることも多くなってきますが、画像の容量って意外とあるんですよね。

最近は画質がキレイなものも多い反面、キレイであればあるほど画像も重いです。

なので、画像をアップロードしたら自動でサイズを圧縮してくれるプラグインを入れておきましょう!

設定方法は、EWWW Image Optimizerの使い方と設定方法を画像付で解説!で解説しています!

必須プラグイン⑨Contact Form 7(お問い合わせ用)

ブログを開設したら「お問い合わせ窓口」を設ける必要があります。

お問い合わせ窓口から寄せられるメールには、読者からの感想から企業案件、削除依頼など様々です。

ケロ

一方通行の発信にならないように、窓口を開けておこうね!

問い合わせページに使えるプラグインも色々ありますが、1番設定が簡単なのは「Contact Form 7」でした!

設定方法は【最速】ブログの「お問い合わせ」ページを作る方法【Contact Form 7】で解説してます!

参考プラグイン⑩PS Auto Sitemap(ブログ内で表示させるサイトマップ)

最後に、冒頭の「Cocoonの必須プラグイン」の中でご紹介している「PS Auto Sitemap」です。

ワードプレス上で「サイトマップ」と呼ばれるものは、XLMサイトマップとHTMLサイトマップの2種類があります。

  • 「XMLサイトマップ」とはGoogleのクローラーにお知らせするもの
  • 「HTMLサイトマップ」とは読者にブログ内の記事を一覧で見せるものとは、Googleのクローラーにお知らせするもの
  • 「HTMLサイトマップ」とは、読者にブログ内の記事を一覧で見せるもの

このような違いがあります。

「PS Auto Sitemap」は「HTMLサイトマップ」を作るためのものです。

設定方法は、PS Auto Sitemapの設定と使い方【タグの貼り方やスタイル変更方法】をご覧ください。

※「PS Auto Sitemap」はちょっと…という方は、PS Auto Sitemapは脆弱性アリ?代わりのプラグインはコレ!もどうぞ。

(※「XMLサイトマップ」のプラグインは、こちらでご紹介しています。)

ここまでご紹介してきた7つ+2つのプラグインは、必須といっても過言ではないものばかりです。

ワードプレスはパソコン初心者にも比較的簡単に使えるブログ作成ソフトですが、セキュリティ面に関しては自分で対策を講じないと、すぐにハッキングされる等のリスクがあります。

現に、私が収益化目的で運営しているサブブログでは毎週海外からのアクセスが確認されています。

日本語だからといって、日本人がハッキングしてくるわけではないので、インターネットは世界共通なんだということを忘れないでくださいね。

その他のオススメプラグイン!【ただし入れすぎ注意】

今回オススメした7つのプラグインの他にも、私が普段から使用しているプラグインをご紹介します。

  • Pochipp(Amazon楽天の商品リンク作成)
  • Invisible reCaptcha(認証機能/スパム対策)
  • PS Auto Sitemap(サイトマップ作成)
  • Category Order and Taxonomy Terms Order(カテゴリー並べ替え)
  • Broken Link Checker(リンク切れチェック)
  • WordPress Popular Posts(記事の人気ランキングを作成)
  • WebSub (FKA. PubSubHubbub)(SEO対策)
  • Smash Balloon Instagram Feed(ブログにインスタを貼る)
  • Instant Indexing(インデックス送信)
  • Site Kit by Google(サーチコンソールやアナリティクス等Google提供サービスと簡単連携)

こちらで挙げたプラグインは、すべて有効化しているわけではないが、運営しているブログのスタイルにあわせて使い分けています。

その他オススメプラグインも、別記事で詳しく解説する予定です!

目次