【夫婦円満の秘訣】無理なく続けられるコツを3つご紹介

こんにちは、あやけろです。

今回は夫婦円満について、我が家の秘訣をまとめました。

私と旦那は以前、別居して離婚しそうだったのですが、現在はわりと仲良く暮らしています。

当時のことは「【実話】別居して離婚しそうだったけど再構築した話。」に書いていますので、よろしければお読みください。

そんな離婚寸前だった夫婦が円満になるまでに実践した秘訣を3つ、ご紹介します。

この記事に書いてあることは、例えば、

  • 我慢!
  • 妥協!
  • 忍耐!

などということではなく、どちらかというと我慢・妥協・忍耐はしない方向のスタイルです。

また、よく円満の秘訣で言われがちな「常に感謝する、常に相手を思いやる」などというのも、個人的には時々やればいいと思っています。

私は忍耐力もゼロですし、常に相手を思いやれるような出来た人間でもないので、無理しない範囲でやったことをまとめました。

よかったら最後までお読みください。

目次

ストレスフリーな環境を作る

最近、イライラしてますか?

イライラしたことない人っていないんじゃないかな、と思います。

そして当たり前な話ですが、人間イライラしていると怒りっぽくなります。

そしてイライラして怒りっぽくなっていると、パートナーや家族などの身近な人と衝突してしまいがちになります。

なので、まずは自分のイライラを限りなくゼロに近づけて、なるべくストレスフリーな環境を作ることが大切です。

ストレスとは単に、イライラするだけではありません。

 私たちのこころや体に影響を及ぼすストレッサー(ストレスの原因)には、

  • 「物理的ストレッサー」(暑さや寒さ、騒音や混雑など)
  • 「化学的ストレッサー」(公害物質、薬物、酸素欠乏・過剰、一酸化炭素など)
  • 「心理・社会的ストレッサー」(人間関係や仕事上の問題、家庭の問題など)

があります。

引用:ストレス軽減ノウハウ|厚生労働省

上記のようにストレスの原因は様々ですので、まずは身の回りの原因からひとつずつ解消していきましょう。

私の場合は、まず家の中を片づけました。

意外かもしれませんが、家の中をスッキリさせて効率よく生活できる環境を整えたことで、ストレスが軽減しました。

片付けについては「面倒くさがりな人の部屋の片づけ方【必要なものだけ残して効率化】」にも書いています。

あとは、在宅の仕事に転職したので「通勤する」というストレスから解放されました。

自宅で作業していますので、職場の人間関係などもないです。

あと、人付き合いも極力なくしました。

おそらく多くの方が、ストレスの大きな原因は人間関係にあると思います。

仕事でも、友人でも、親戚付き合いでも何でもそうだと思いますが、良くも悪くも人付き合いってストレスです。

なので、適度な距離感を保ちつつ、たまに会うくらいでちょうどいいと思います。

ストレスフリーな環境を作っていくと、平常心を保てるようになり、イライラしなくなります。

常に穏やかでいることで、パートナーにも優しくなれます。

我慢しすぎない

よく「夫婦生活には我慢が必要」なんて言われますが、個人的には我慢しすぎるのもよくないと思います。

ずっと我慢し続けて生活していると、心身ともに疲弊してしまいます。

なので、言いたいことは小出しにしてパートナーに伝えましょう。

女性によくありがちな、ためてためて最後に爆発するパターンはあんまりよろしくないです。

以前は私も爆発していたので気持ちはすごくわかるのですが、爆発するくらいならすぐに処理してしまった方がいいです。

例えばうちの旦那は、リビングで靴下を脱ぎっぱなしにする癖がありますので、見つけたら即「靴下はカゴに入れてきてね」と伝えています。

伝え続けて、はや5年になります。

以前は「なんで毎日注意しているのに学習しないんだろう」とイライラして、たまに爆発もしていました。

しかし、前項で書いた「ストレスフリーな環境」を作ったので、最近は不思議とイライラしてないです。

あとは「こういう人なんだ」と割りきることも大切かな、と思います。

良い意味で期待しないこと、です。

適度な距離感

ラブラブでベタベタくっついていた時期と、毎日ケンカして別居までしていた時期と両方経験しましたが、やはり適度な距離感が一番です。

理想は「同じ空間にいて別々のことをしているけども違和感がない」くらいの距離感です。

このくらいだと、わりとお互い自由にリラックスして過ごせるかなと思います。

あとオススメは、寝室を別にすることです。

人間は睡眠不足になると、ストレスがたまり、イライラしやすくなります。

なのでどんなに仲が良くても、ひとりで寝た方が確実に良質な睡眠がとれます。

寝る前にひとりで読書したり、音楽を聴いたりするのもいいですね。

とはいえ、あんまり会話なく過ごすのもアレなんで、たまにはマッサージしあうのもオススメです。

マッサージは単純に気持ちいいというのもありますが、適度なスキンシップを保つという意味もあります。

というのも、配偶者とスキンシップすることで、人は「オキシトシン」というホルモンが分泌されます。

オキシトシンは、別名「幸せホルモン・愛情ホルモン」とも言われており、文字通り幸福感が得やすくなるホルモンです。

なので、パートナーとマッサージしあうのは、「気持ちいい・幸せ・愛情」を感じやすくなる行為だと言えます。

まとめ

今回は夫婦円満の秘訣を、我が家の例を参考に3つご紹介しました。

うちには息子もいますのでなかなか難しいですが、夫婦二人だけの時間を作ってたまにはデートするのもオススメです。

短時間でも、ちょっと豪華なランチを食べに行くとか、映画を1本観るとか、できることは色々ありますので、久しくデートしてないという方は勇気をだしてパートナーを誘ってみましょう。

以上、我が家の夫婦円満の秘訣でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる